「俺、嫌われてる?」男性に脈なしと誤解させてしまうNG言動3つ

「俺、嫌われてる?」男性に脈なしと誤解させてしまうNG言動3つ

実は気になっている男性なのに、自信がなくて謙遜しがちな女性や積極的になれない女性は、相手に「嫌われてる?」と誤解させてしまうNG言動をしてしまうことがあります。


自信のなさや恥ずかしさ、また疑心暗鬼からつい出てしまったNG言動で、気になる男性に誤解されて遠ざかられてしまうのはとても残念ことです。


実際にどのような言動をされると「俺は脈なしかも?」と誤解してしまうのか、男性に実体験を聞いてみました。



1.「私なんて」


「『私なんてダメだよ、○○くんにはもったいない』とか言う子いるじゃないですか。それって、たとえ本人が謙遜して言っていても、こっちは分からないんですよ。『俺じゃダメなのか』って思っちゃうんです」(自動車関連/23歳)


「私なんて」という言葉は、実際に相手がどう受け取ったら良いのか困ることが多い言葉です。


特にこうした男女のやり取りでは、「私なんて」と言いつつ、「あなたじゃダメです」という意思表示なのかと裏読みされてしまうことも少なくありません。


このセリフが出る場面としては、男性が女性を褒めた時や誘った時などが想定されますが、それに対して「私なんて」と言われたら、やはり「俺は好かれていないんだ」と誤解してしまうのも無理はありません。


謙遜するなら「嬉しいです!でもいいんですか?(大丈夫ですか?)」という感じで、相手を気遣う言葉に変換すると「嫌われてる」と誤解されなくて済みますよ。


2.「なんでもいいよ」


「デートでの食事や行き先など、彼女にできるだけ喜んで欲しくて聞いているのに、『なんでもいいよ』って言われると落ち込みます。どうでもいいのかな?その気がないのかな?早く帰りたいのかな?って思ってしまうんです」(出版社/28歳)


好きな彼に決めて欲しかったり、好きだから遠慮している気持ちから言ってしまいがちな言葉ですが、男性には「どうでもいいように聞こえる」と不評な言動のひとつです。


男性はあなたの希望を聞きたくて問いかけているので、そういう時は思い切って「○○に行きたい!」などと意思表示してくれた方が、「気持ちの良い子だな」と思われるものです。


無理なら無理と、男性がその時に答えます。はじめから「なんでもいい」などと遠慮し過ぎるのは「俺は脈なしかな」と誤解を招いてしまうのです。


3.「誰にでも言ってるんでしょ?」


3.「誰にでも言ってるんでしょ?」


「『○○ちゃん、タイプ』って言った時に『誰にでも言ってるんでしょ?』って言われて……。ストレートに『好きです』とは言えなくて、精一杯の言葉だったんだけど、そう返されると『チャラい』って言われたみたいで。嫌われたかな?ってテンション下がってしまいました」(IT/25歳)


男性がせっかく好意を示してくれても、この言葉を言ってしまうと、男性は「信用されてないのかな?」とか「嫌われてる?」と感じてしまう人もいるようです。


また、この言葉はその男性を「軽い」と思っていることが表れている発言でもあるので、真面目な男性ほどそれを察知して「違うのに」とショックを受けるでしょう。


女性はこう言って「違うよ、君だけだよ」とただ否定して欲しいという意図があるのは伺えますが、脈なしと誤解して身を引いてしまう男性もいるので気を付けてくださいね。


おわりに


そんなつもりはなかった言動で、「脈なしかも」と誤解されて男性の気持ちを萎えさせてしまうのは避けたいですよね。


男性はこのような言葉で悪い方に誤解する……ということを知っておき、ぜひ今後に生かしてくださいね。


(かりん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ