『市民ケーン』の脚本家を主人公に1930年代のハリウッドを描く

『市民ケーン』の脚本家を主人公に1930年代のハリウッドを描く

 『セブン』『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、アカデミー賞受賞歴を誇るゲイリー・オールドマンが、1941年の名作映画『市民ケーン』の脚本家“マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツを演じ、のちの名作が生まれるまでの壮絶な舞台裏を描く、映画『Mank/マンク』が、12月4日よりNetflixで独占配信される。主人公マンクを取り巻く個性豊かなキャラクターが次々に登場し、複雑で怪しげな人間ドラマを予感させる予告編と、マンクら登場人物が歪んだ絵画のように変貌した、ただごとではない展開を示唆する、衝撃的なキービジュアルが解禁された。



【動画】映画『Mank/マンク』予告編



 オーソン・ウェルズ監督・製作・主演の名作『市民ケーン』は、「バラのつぼみ」という言葉を残して亡くなった新聞王ケーンの生涯を、それを追う記者が取材した関係者の証言から回想形式に描いた名作。



 その脚本を手掛けたマンク(ゲイリー・オールドマン)は、アルコール依存症に苦しみながらも、社会を鋭く風刺し続け、『市民ケーン』の脚本の仕上げに追われていた…。依存症の問題を抱えながらも、機知と風刺に富んだマンクの視点から、1930年代のハリウッドを新たな角度から描き出している点も本作の見どころだ。



 解禁となった予告編は、1930 年代の映画の雰囲気を思い起こさせるモノクロームの映像とレトロなサウンドで構成され、名作誕生に至るまでの紆余曲折と、華やかなハリウッド黄金期の光と影が描かれていく。脚本の仕上げに追われるマンクは、さまざまな個性豊かな登場人物たちの介入によって、奇妙で複雑な展開へと向かっていく。果たして、脚本は無事に完成するのか? と、完成するのはわかっていてもハラハラする展開。『市民ケーン』へのオマージュもあらゆる箇所に散りばめられており、作品に対する厚いリスペクトも随所に見ることができる。



 本作には、「マンマ・ミーア!」シリーズや『レ・ミゼラブル』などに出演し日本でも高い人気を誇るアマンダ・セイフライドや、『白雪姫と鏡の女王』や、今話題のドラマ『エミリー、パリへ行く』でブレイク中のリリー・コリンズも出演。そして、『ゲーム・オブ・スローンズ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のチャールズ・ダンス、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『ダウントン・アビー』のタペンス・ミドルトン、ドラマ『オザークへようこそ』『Marvel アイアン・フィスト』のトム・ペルフリー、『オンリー・ゴッド』のトム・バークなどが脇を固める。



 本作は、日本でも11月20日より一部劇場にて公開も予定されており、今年の賞レースでも注目されそうだ。

カテゴリ