『ミセス・アース・ジャパン』で本田美奈子.さん表彰 生前の活動を評価

『ミセス・アース・ジャパン』で本田美奈子.さん表彰 生前の活動を評価

 「美」のみならず、地球環境保護をコンセプトとし、地球環境問題に取り組むオピニオンリーダーを排出する世界4大ビューティーページェントの1つ『ミス・アース・ジャパン』。2020年度からはミセスバージョンとして『ミセス・アース・ジャパン』がスタートし、22日に都内で記者発表会が行われた。



【全身ショット】白のブラウス&ブルーのスカートで登場した蛯原英里



 コンセプトは、芯のある女性の美しさ。本当の意味での『美しさ、きれいさ』を大会を通じて発信する。【サファイア部門】は20歳から39歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性、【エメラルド部門】は40歳から59歳の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性、【パール部門】は60歳以上の婚姻中、もしくは結婚歴ありの女性、【ルビー部門】は29歳以上の独身者で結婚歴あり、出産歴ありはNGとなる。12月1日のグランドファイナルでは、各地方から選ばれた女性で各部門の中から1人、合計4人の『ミセス・アース・ジャパン』グランドを選出する。MCスペシャルサポーターは、俳優の大沢樹生が担当する。なお、世界大会は開催の予定はない。



 また、グランドファイナル当日は、芸能界、経済界、スポーツ会などさまざまなフィールドで活躍を続け、影響力、発信力、行動力のある人をミセス・アース・スペシャルアンバサダーとして表彰。今年、選ばれたのはチャイルドボディケア協会代表の蛯原英里、コメンテーターの金子恵美、タレントの熊田曜子、元バトミントン日本代表の潮田玲子、タレントの関根麻里、ベアーズの高橋ゆき副社長、女優でアーティストの本田美奈子.さん、モデルの前田典子が表彰される。



 2005年に急性骨髄性白血病のため、38歳で亡くなった歌手、本田さんをアンバサダーとして表彰した理由について、坂上愛佳チーフプロデューサーは「本田美奈子さんはお亡くなりになっているのですが生前から本田美奈子基金を設立していた。彼女自身が社会貢献の活動を死ぬ間際までしていた。今も継続している」と説明。コンテストの当日は生前のメッセージを流すほか、関係者もあいさつを行うという。
カテゴリ