極楽とんぼ、コンビ名に秘めた願い成就 東野&岡村『旅猿』とのコラボも希望「決着は相撲です」

極楽とんぼ、コンビ名に秘めた願い成就 東野&岡村『旅猿』とのコラボも希望「決着は相撲です」

 加藤浩次(51)と山本圭壱(52)の極楽とんぼにとって、コンビ名の由来にもなっている念願の旅番組がついに実現する。BS日テレの旅番組『週末極楽旅』が、24日と31日、11月7日の3週にわたって放送(後10:00 未公開シーンを加えたHulu特別版が、24日の放送直後から配信)。ORICON NEWSでは、記念すべき初回を翌日に控えた23日にインタビューを行い、番組にかける思い、共演者との秘話、盟友・岡村隆史(50)のホットな話題などに迫った。



【番組カット】奥多摩旅を堪能するロンブー



■コンビの原点である“旅”テーマの番組に喜び ロンブーとの深いトークに感慨



 コンビ名の由来について、山本が「僕は別の名前がいいって提案をしていたんですけど、加藤が首を縦に振らなかったんです。それでライブをやるということで、いよいよだという時に、加藤が『極楽とんぼでどうだ?』って言ってきて。僕が大好きな松田優作さんのお墓のうしろに、その言葉が彫ってあると聞いて、これだと思ったんです。だけど、8年後に取材の場で、その由来について僕が話したら、加藤が『あれはウソだった』と言ってきて…。僕は8年間ずっと信じていたんです」と振り返る。



 当の加藤は、山本の話に笑みを浮かべながら、こう切り返した。「極楽とんぼっていうのはふらふらしているっていうイメージがありますけど、まさに『旅をする2人』というイメージだったんです。山本さんが『コンビ名はなまけものブラザーズがいい』って言っていたので、それはちょっと嫌だなと思って(笑)。でも、山本さんが2歳上で、まだ当時は先輩という扱いをしていたので、これは大好きな松田優作さんを出してウソつかないと首を縦に振らないなと(笑)。それから30年以上が経ちましたけど、まさにそんな僕の思いにピッタリ合った番組ができて、本当にうれしいですね」。



 まさに、コンビの原点とも言える「旅」をテーマにした新番組。番組では“コーディネーター”を担う山本は、収録前にスタッフとともにロケ地の下見まで行っているようで「前もってロケハンで行けるのはおいしいですよね」と満面の笑み。加藤は「実は、山本はこういうの向いていて、番組の企画案を見た時に、山本のキャラクターに一番合うポジションだなと感じました」と声を弾ませる。



 1週目は長きにわたって親交のあるロンドンブーツ1号2号の田村淳と田村亮をゲストに迎え、東京の秘境・奥多摩を旅行。加藤は「4人で飲んだりとかご飯を食べる場にいることはもちろんありましたけど、向き合ってしゃべることは恥ずかしくて、番組で用意してもらわないとできないことでもあったので、すごくよかったですね。僕なんか、こんなに淳と真面目な話をしたのは初めてです」としみじみ。「淳が今後考えていること、野望とか聞くことができました。昔、同じ方向を向いて頑張っていた奴らが、それぞれの方向ができているっていうのは面白いなって感じましたね」と、この番組ならではの魅力を語った。



■レギュラー構想でふくらむゲスト案 山本は岡村との“相撲”を熱望



 番組として目指すは“レギュラー化”。今後、共演したいゲストについて、加藤が「旅番組コラボということで、蛭子能収さんと太川陽介さんをはじめ、出川哲朗さんとの原チャリ旅、徳光和夫さんとのバス旅、高田純次さんの散歩もいいですよね」と各局の旅番組とのコラボを提案する。一方の山本は、昨年8月に日本テレビ系バラエティー番組『東野・岡村の旅猿』のHulu特別版にコンビとして出演したことを振り返りながら「今度は、岡村さんと東野さんに来てほしいですね」とオファーした。



 『とぶくすり』そして『めちゃ×2イケてるッ!』と1990年代前半から、長きにわたる交流のあるナインティナインの岡村隆史が、取材前日深夜にラジオ『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』で結婚を報告。『ANN』放送前日にあたる水曜日に事前連絡を受けていたという加藤が「岡村さん結婚したね。オレはホッとした」と話す中、山本は「オレまだ本人から直接聞いてない」とポツリ。加藤が「武田(真治)くん、ジャルジャルの福徳(秀介)も結婚して、(めちゃイケのメンバーで)男性陣で独身なのは山本さんくらいになっているんだから、連絡しにくいよ」と笑顔でツッコミを入れた。



 『旅猿』Hulu版では、加藤が“相撲”に持ち込む流れも話題となったが、山本が「今度は『極楽旅』で相撲っていうのもいいですね。僕が岡村に『なんで(結婚したことを)言わんかったんじゃー!』って投げ飛ばして終わりですね」と白い歯を見せると、加藤も「いいねー。でも、岡村マジで相撲嫌がるんですよ(笑)。NGのない岡村がめっちゃ嫌がっていたからね…」と当時をなつかしみながら「やっぱり肌と肌でぶつかって、真剣に投げあうと、距離がすごく縮まるんですよ。東野さんとも距離がグッと縮まった気がしますもん」と相撲の効果を訴えた。



 岡村結婚報道に揺れた深夜1時から朝方にかけて、ちょうど寝ていたという山本は「『めちゃイケ』のグループLINEがあるんですけど、(鈴木)紗理奈が、その前の日に『岡村さんを招待しました、参加すると思いますか?』みたいなことをやっていて、各々コメントしていたんですけど、オレは絶対グループLINEに入るわけないと思って…。それで寝て起きたら、グループLINEの数字が増えているんで、なんじゃと思って開いたら『岡村さんおめでとう』って祝福していたから、何かと思ったら結婚したってことで…」と回顧。



 続けて「そうしたら、岡村もグループLINEに入ってきて、結婚しましたって報告したんですけど、オレはもう無回答ですよ(笑)。ちゃんと、本人の口から直接聞かないと! どんなことがあっても岡村だけは結婚しないと、一蓮托生だと思っていたから、はぁーって思いましたね。決着は相撲ですね」と笑わせていた。



 あらゆる場所をめぐる“極楽旅”。初回から、2人とゆかりの深いメンバーと、ここでしか聞けない話も次々と飛び出す濃厚な内容に仕上がっている。
カテゴリ