次回もデートに誘われる♡デート中に使いたい「誘われ言動」3つ

次回もデートに誘われる♡デート中に使いたい「誘われ言動」3つ

好きな人となら、何度でもデートをしたいもの。


でも、いくら女性がデートを望んでも、お相手の男性がデートを望んでいなければ、その期待は叶わないでしょう。


では、デートをしたあと、少しでも次のデートにつなげるにはどうしたらいいのでしょうか。


今回は、男性が「次も誘いたいな」と思う女性の「誘われ言動」を3つピックアップしてみました。



1.リアクションが良い


彼のリードでデートが進むなら、ぜひ嬉しい気持ちを前面に出しましょう。


たとえば、「オシャレなところで、緊張しちゃうなあ」「こんなにおいしいご飯、初めて食べた!」など。


大げさくらいに伝えたほうが、男性は「喜んでくれて嬉しい」と満足感が高くなるもの。


デートは、楽しんでなんぼです。


お互いにデートの時間が「楽しい」と感じられるほど、彼は「次もデートしたい」と思ってくれるはずですよ。


行き先が映画館にしろ、喫茶店にしろ、テーマパークにしろ。


あなたの嬉しい気持ちを素直に出してみて。


あなたの楽しそうな表情に、男性もつられて楽しくなるはず。


あなたなりに楽しむ姿勢が、二人の楽しみを作ると考えてくださいね。


2.お会計で配慮してくれる


「誘ってくれたのは向こうだから」「おごるのは男性の役目」……など。


女性としては「男性におごってもらいたいから」と、会計を彼任せにしたくなるときもありますよね。


しかし、いまは経済的に厳しい世の中。


お会計のときに、「私も払うよ」という姿勢でいてくれると、嬉しく感じる男性は多いです。


ただ、実際に女性側も払ってしまうと、プライドが傷ついてしまう男性もなかにはいます。


会計はとりあえず彼に任せて、落ち着いた場所で「自分のぶん、払うよ」「ごめん、払ってもらっちゃったね」など。


ひと言お礼や感謝の言葉を伝えられると、男性の満足度は変わってくると思います。


この辺りは、彼の様子を見つつ、うまく配慮してあげてくださいね。


3.次回のデートを匂わせてくれる


3.次回のデートを匂わせてくれる


たとえば、人気が多くて入れなかったお店や、気になるお店があった場合、「次はここ入ってみようか」と、次回のデートを匂わせるような発言をしてみてください。


自分から次回があることを、意思表示することが実はとても大事です。


とくに恋愛に受け身な女性は、自分の気持ちを表に出せず、彼に伝えてられずにいませんか?


もし、当てはまるようなら一層のこと、自分から「次のデート」をアピールしていきましょう。


あなたからの「次回デートへの匂わせ発言」があれば、彼にとってのお誘いのハードルは下がります。


また、あなたの好意もそれとなくわかって嬉しいはずですよ。


ものは試しにやってみて!


デートのときにこうしたポイントに気を配れると、次のデートのチャンスも広がるはず!


ぜひ実践してみてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ