“アール・ヌーヴォー”芸術を垣間見る!ガレ&ドームの「ガラス展」開催

“アール・ヌーヴォー”芸術を垣間見る!ガレ&ドームの「ガラス展」開催


大丸心斎橋店の本館8階にある「Artglorieux GALLERY OF OSAKA(アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ)」にて、10月28日(水)~11月3日(火・祝)の期間、入場無料の「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォーのガラス展」が開催される。

「アール・ヌーヴォー」の中心ガレとドーム


19世紀末にフランスで花開いた「アール・ヌーヴォー」芸術。その中心的存在であったのがエミール・ガレとドーム兄弟だ。

ガレは、1878年のパリ万博で日本芸術に着想を得た「ジャポニスム」作品を発表して好評を博し、1889年パリ万博ではガラス彫刻作品を多数出品し見事グランプリに選ばれた。

また、ガレと同郷のドーム兄弟は、ガレの成功に刺激を受け芸術作品の制作を開始。ガレとドーム兄弟は独自の技法を駆使し、切磋琢磨しながらガラスという素材を芸術に昇華させ、1900年のパリ万博では両者共にグランプリに輝き、世界的な評価を獲得した。

両巨匠の約50作品を展観


「ガレ&ドーム アール・ヌーヴォーのガラス展」では、エナメル彩色​を用いたガレの1890年頃制作「向日葵文カボッション花器」(一番上の写真)や、


1895年頃制作「朝顔文花器」、


光を通し幻想的な美しさを醸し出すドーム兄弟の1900年頃制作「湖畔風景文ランプ」や、


1900年頃制作「白鳥文花器」を含む、両巨匠の約50作品を展観する。

同ガラス展に足を運び、ガレとドーム兄弟が築いた「アール・ヌーヴォー」芸術を感じてみては。

■「アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ」
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1大丸心斎橋店 本館8階
カテゴリ