男性がLINEを「送りやすい女性」と「送りにくい女性」の違い

男性がLINEを「送りやすい女性」と「送りにくい女性」の違い

LINEでのやり取りを重ねていくうちに、どんどん仲良くなっていくケースがあります。


だからこそ、男性がLINEを送りやすい相手になることを目指すのは、実は重要なポイントです。


そこで今回は、LINEを「送りやすい女性」と「送りにくい女性」の違いを紹介します。



気軽に「送ってくれる」


「気軽にLINEをしてくれる女の子とは、なんでも話せるようになる。だから気兼ねなくこちらからもLINEが送れるようになる」(27歳/男性/IT)


話しかけてきてくれる女性には話しかけやすくなるというのは、LINEでも同じこと。


気軽にいつもLINEを送ってきてくれる女性になら、男性も色々と考えずにLINEを送ることができるでしょう。


くだらないことでも、ちょっと気になったことでも、なんでもいいのでちょこちょことLINEをしていると、自然と仲も良くなっていくものですよ。


「堅苦しさ」がない


「硬い感じのやり取りをしている間は、まだまだ距離感があるような気がするので、簡単にはLINEを送れない」(28歳/男性/営業)


気になる男性とLINEをしているときには、失礼なことを言わないようにと十分に気をつけるでしょう。


とはいえ、堅苦しくて、硬い文面でいつまでも話していると、気軽にLINEを送れる印象を男性は持たないはず。


事務的で業務的な対応をするのではなく、心を開いた部分も見せていかないと、気軽にLINEを送り合える仲にはなれないですよ。


「テンポ」が合う


歓迎されるLINEは?


「会話のテンポが合うと、ストレスを感じることなく話せるから楽しいです。そういう女性には、LINEを送ってみようかなっていう気にもなる」(30歳/男性/イベント制作)


LINEでの会話は、テンポ良く進めていくことが意外と大事。


いちいち返信に間が空くと、男性はそれを苦痛に感じるようになるので、「また話したい」という気持ちにはならないかも。


返信をできない状況のときには、「ごめん、あとでまた連絡する」とちゃんと理由を言って、一旦終わらせてしまったほうがいいでしょう。


スパッと「やめてもいい」


「別に変に気を使わないでいい女性には、何も考えずにLINEもできる。やめたくなったら、そのまま返信しなくてもいいし」(31歳/男性/飲料メーカー)


いつもなかなか話が終わらない女性には、「また長くなるかもしれない」と感じて、男性はLINEを送ろうという気持ちになりません。


ダラダラと長話をするのではなく、お互いに言いたいことだけ言ってスパッと終わらせる。


いつもそれを心がけるようにすると、ちょっとした会話を気軽にできるようになり、あなたを貴重な存在にも感じ始めるものですよ。


おわりに


気遣いを見せることはもちろん大切ですが、気を使いすぎてばかりいると壁を感じるもの。


LINEを送りやすいと男性に思ってもらうためには、そういった壁を取り払うことが必要かもしれませんね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ