“食品ロス削減の日”に合わせ「フードレス救」がお得なキャンペーンを開催

“食品ロス削減の日”に合わせ「フードレス救」がお得なキャンペーンを開催


10月30日は国が定めた「食品ロス削減の日」。この日に合わせ、10月29日(木)~31(土)の期間、関東に計10店舗を展開する「オロ フードレス救」にて、「食品ロス削減キャンペーン」が開催される。

フードロス削減で社会貢献



「フードレス救」は、流通のルールの疑問や既成概念を見直し、フードロス削減で社会貢献を果たすことを目的としたお店。特に、フードロスの一因と言われる業界の商慣習“3分の1ルール”による納品期限・販売期限の見直しにより、“まだ食べられる賞味期限切れや間近の商品”をお得な価格で販売している。

コロナで苦しむ食品関係者の支援にも


今回開催される「食品ロス削減キャンペーン」では、賞味期限切れ・賞味期限間近や、コロナの影響で売れ残った業務用などの商品・ギフト商品・季節外れ商品など、“まだ食べられるのに廃棄するのはもったいない!”という訳あり商品をお買い得価格で販売。単なる食品ロス削減に留まらず、コロナの影響などで売上激減や過剰在庫に苦しむ食品関係者の支援も兼ねている。


現在、「フードレス救」は、東京都内に4店舗(水元店・糀谷店・梅屋敷店・雑色店)、神奈川県内に5店舗(横浜橋店・六角橋店・弘明寺店・平塚店・横浜金井店)、埼玉県内に1店舗(浦和市場店)を展開中だ。

世界的に大きな問題となっているフードロス。「食品ロス削減キャンペーン」で、身近なところから取り組みに参加してみては。
カテゴリ