「こんなデザインがほしかった」との声多数。無印良品から、ついに生理用ナプキンが登場です◎


毎月やってくる、憂鬱な1週間。生理の期間はイライラしがちだったり、ナプキンのごわつきが気になったりとストレスに感じることも多いですよね。



生理用ナプキンといえばカラフルでかわいいデザインが一般的ですが、無印良品が10月から販売しているのは一見ナプキンとは思えないようなシンプルなパッケージ。



SNSで驚きの声が多くあがっているんです!



無印良品から生理用ナプキンが発売





10月上旬から一部店舗にて発売され、SNSで話題になっていた「生理用ナプキン」。中旬よりオンラインストアでの購入が可能となり、販売店舗も拡大しているようです。



とある店舗では、マスクや絆創膏などが陳列されている近くに、こちらのボックスが並べられていました。言われなければ、生理用ナプキンとは気づかないようなデザインですよね♩



2種類のサイズを用意





展開されているのは、約21cmと約23cmの2つのサイズ。約21cmには羽がついており、約23cmのものは羽なしになっています。



約21cm(羽あり・2個入)と約23cm(羽なし・2個入)は税込190円、約21cm(羽あり・10個入)と約23cm(羽なし・12個入)は税込399円です。



ふんわり柔らかな素材を使用





中身を取り出してみると、こんな感じ。肌に触れる面の表側には、オーガニックコットンが使用されています。



最近はスリムタイプのナプキンも多く展開されていますが、こちらは厚みのあるふんわりとした仕様です。





ナプキンを包んでいる部分も紙製のため、開ける際は引っ張らないように丁寧に扱った方がよさそう◎



ノンポリマー仕様になっているので、2日目などの量が多い日に使うよりは出先で急に必要になった時に間に合わせとして使ったり、量が落ち着いた生理期間後半に使用したりするのがいいかもしれません。



SNSではさまざまな反響が



今回発売された無印良品の生理用ナプキンに対してSNSでは、「こんなシンプルなデザインがほしかった」「購入するときも恥ずかしくない」という声が挙げられた一方で、「従来の花柄もかわいいし気分が上がる」「“恥ずかしい”と思う必要はないと思う」との意見も見られました。



また災害の現場や男性も使いやすいとの声もあり、幅広いところで普及していくことになりそうです◎





カテゴリ