【東京ドラマアウォード】中村勘九郎、『いだてん』は「一生の宝物」

【東京ドラマアウォード】中村勘九郎、『いだてん』は「一生の宝物」

 歌舞伎俳優の中村勘九郎が29日、都内で行われた『東京ドラマアウォード2020』授賞式に登壇した。自身が主演した2019年放送の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』が作品賞の連続ドラマ部門グランプリを受賞。日本人初のオリンピック選手・金栗四三を演じた勘九郎は「本当に一生の宝物になった作品」と輝くトロフィーを手に笑顔を弾けさせた。



【写真】石坂浩二とのトークに笑顔を見せる中村勘九郎



 同作は、オリンピックに刻まれた日本人の“泣き笑い”の歴史を、落語の神様・古今亭志ん生を語り部に宮藤官九郎が描き出す、史上初のオール4K制作の大河ドラマ。



 「いろんなことがあった作品でした」と波乱万丈の1年を振り返った勘九郎は「こうしてご褒美までいただけた。阿部さんは舞台中なので…」と不在となったもうひとりの主演・阿部サダヲを気遣う場面も。また「あと斗真!すばらしい」と、共演者で『俺の話は長い』で主演男優賞を受賞した生田斗真の活躍も讃えていた。



 同アワードは『国際ドラマフェスティバルin TOKYO 2020』のメインイベントとして開催され、作品の質の高さのみならず“市場性”“商業性”にスポットをあて、『世界に見せたい日本のドラマ』のコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性の高いドラマを表彰する。



 このほか個人賞・主演女優賞の黒木華(『凪のお暇』)、助演男優賞の佐藤健(『恋はつづくよどこまでも』)、助演女優賞:伊藤沙莉(『これは経費で落ちません!』)、主題歌賞のOfficial 髭男 dism(『恋はつづくよどこまでも』)、単発ドラマ部門『2020年 五月の恋』主演の吉田羊・大泉洋らが参加した。
カテゴリ