【ナイナイANN 10月の怒鳴り】後輩愛にじむ「ジャルやるっ!」、岡村電撃婚に揺れた「のちほど」

【ナイナイANN 10月の怒鳴り】後輩愛にじむ「ジャルやるっ!」、岡村電撃婚に揺れた「のちほど」

 お笑いコンビ・ナインティナインがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)。オープニングトークのテーマにもつながる番組冒頭の“怒鳴り”が、2人の近況や歴史も垣間見えることから、ORICON NEWSではコンビとしての再出発を果たした5月から、1ヶ月ごとに「怒鳴り」とトークを振り返る企画を開始。今月もコンビとしての近況を交えた「怒鳴り」が響いた。



【写真】アローン会とは?プライベート集合ショット



 1日深夜放送の怒鳴りは「来た」。番組内でも度々話題になっていた、メッセンジャーの黒田有が大阪から“来襲”したことを受けて怒鳴った。黒田が登場する前に岡村隆史が「きょうは平場なんですけどね、スペシャルゲストが登場してくれるということで、遠方からはるばる。関西エリアから(東京まで来るのは)2004年のもんたよしのりさん以来です」と紹介。矢部浩之は、ブースの外にいる黒田の様子について「めっちゃにらんでるやん」とツッコミを入れる中、緊急企画「徹底検証!メッセンジャー黒田イタ電事件!!」を開催。ナイナイの2人がタッグを結成し、黒田と審判不在の激しいトークの応酬を繰り広げ、信頼関係があるからこそのかけあいで笑いを生んでいった。



 8日深夜の怒鳴りは「53」。番組前に行った番宣収録で、矢部が実年齢よりも4歳上の53歳となっていたことをきっかけに、2人で“毛”にまつわるトークを展開。その後、翌週の15日に『キングオブコント(KOC)2020』の王者となったジャルジャル、22日はかねてから親交の深いaikoがゲスト出演を果たし、2週にわたって豪華企画が行われることが発表された。さらにメッセンジャーの黒田の新コーナー、ツイッターのなりすましについての岡村のトーク、第99回のハガキ職人大賞のハガキ部門1位に世田谷のやせがた氏、メール部門1位に豆腐小僧氏が輝いたことが発表されるなど、盛りだくさんの内容となった。



 15日深夜放送の怒鳴りは、ゲストのジャルジャルのかつてのレギュラー番組タイトルである「ジャルやるっ!」。フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』で共演していたジャルジャルが『KOC』王者となったことを受け、ナイナイの2人が祝福。岡村が「YouTubeに毎日ネタ上げるって、どないなってんの? なんか頭のええ友だちとかいっぱいおるんかな」と口にすると、後藤淳平が「『ネタ作ろうか』とか『どんなネタ作ろうか』とかも言わないんですよ。日常会話ホンマにゼロなんですよ」と話すと、福徳秀介も「一緒にテレビを見たりはしますね。そこで気になるワードが出てきたりして…」と独特なネタ作りを明かし、矢部が「逆に楽なんかもしれない。照れ屋なんや」と指摘するなど、濃密なトークが展開された。



 一部ネットニュースで岡村の電撃婚が伝えられた直後の22日深夜放送の怒鳴りは「のちほど」。明けて23日に49歳の誕生日を迎える矢部がいろいろな“初めて”に生放送でチャレンジする「ドッキドキの初体験…!今日から矢部は!!」に、番組公認のヘビーリスナー代表であるaikoがゲストで登場。同企画を終えた後、矢部からのトスを受ける形で、岡村が「ストレートに結婚しました」と正式に報告した。コンビの年齢が“99”になる節目の日での“うれしいお言葉”となり、以降はリスナーからのメールなどをもとに、矢部とaikoがさまざまな質問を投げかけ、岡村が照れながら答えていくという、さながら“結婚会見”のような展開となった。



 さらに、裏番組であるTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)で、おぎやはぎの2人が「オレたちも聞きたい」「電話したい」と話していたことを、リスナー経由で知った岡村が、2018年以来となる局の垣根をこえた共演に意欲。電話を手に取り、『メガネびいき』のスタジオへとつなぎ、おぎやはぎとの夢の共演が実現した。その後も、aikoとナイナイによる喜びの「ボーイフレンド」生歌唱、矢部から岡村への“公開祝辞”など、幸せあふれる2時間の生放送となった。



 電撃婚発表から1週間後となる29日深夜放送の怒鳴りは「ありがとうございました」。結婚発表後に行われた大河ドラマ『麒麟がくる』撮影現場で、岡村が共演者とスタッフから粋な祝福を受けたと報告。名誉会長の坂田利夫を筆頭に、顧問の明石家さんま、会長の今田耕司、部長の岡村、部員の又吉直樹らというメンバー構成からなる「アローン会」についての話題では、今回の結婚を受けて岡村がアローン会のグループLINEを退会することになり「ありがとうございました。みなさんに幸あれ」との文言を最後に残したことなどが伝えられた。



 ナイナイ2人の「現在」「過去」「未来」をつなぐ、冒頭の怒鳴り。来月以降も、どういったワードが飛び出してくるのか注目していきたい。29日深夜放送の『ナイナイANN』は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。



■ナイナイANN“怒鳴り”一覧

5月…ピョン吉、メロン

6月…マイクル、赤い彗星、人気はメロン、ドライバー

7月…ようつべ、ブルース、直列、ただいま

8月…エージェント、腕毛フサフサ、ロキソニン、100倍返し饅頭

9月…1番サード、サンマル、キハダマグロ、ありがとう

10月…来た、53、ジャルやるっ!、のちほど、ありがとうございました
カテゴリ