タッチパネルでオーダー!コロナ禍時代の“新しいベーカリー”が京都に誕生

タッチパネルでオーダー!コロナ禍時代の“新しいベーカリー”が京都に誕生


ベーグルを中心とした、コロナ禍における新しいスタイルのベーカリー店『KAMOGAWA BAKERY』が、河原町丸太町の交差点内に10月31日(土)にオープンする。

タッチパネルでパンをオーダー


同店は「ちょっとやさしくて、ちょっとあたらしいスタート」をコンセプトにした、コロナ禍時代の新しいベーカリー。


従来のバイキングスタイルでの商品配列ではなく“ショーケースオーダースタイル”で、顧客はタッチパネルでパンをオーダーしセルフレジで支払う。パンやトングへの接触機会をなくし、店員との対面接触もできるだけ無くすことで感染リスクを回避。また、事前にスマホでオーダーし支払いを済ませ、指定時間に商品を引き取ることで滞在時間を最小限にすることも可能だ。

ソーシャルグッドな取り組みも


メニューの80%は「ベジタリアン・ヴィーガン」に対応。パン業界で当たり前に使用されているバターやミルクは使用せずに、植物由来の食材のみを使用。これにより、今まで食の制限によりパンが食べられなかったベジタリアン・ヴィーガンの人や、卵・乳アレルギーの人でも食べることができる。


また同店は、「ONE TABLE=どんな人も一つのテーブルを囲える」の考え方を体現。

家畜動物がもたらす地球環境への影響などから、完璧なヴィーガンだけではなく「ゆるベジ」や「週一ヴィーガン」などの消費傾向も顕著になってきているなかで、“罪悪感なくパンを食べたい”というニーズにこたえる品揃えにこだわっている。

このほか、フェアトレードコーヒーの利用、プラスチック蓋を使わないバタフライカップ、食べられるストローなども取り入れ、SDGsの取り組みにもつなげている。

動物性食材不使用のオリジナルメニュー



『あたらしい食パン』は、北海道産ブランド小麦「春よ恋」と「もち麦」を配合したパン。バターやミルクなどの動物性食材を一切使用していないにも関わらず、濃厚で芳醇な味が特徴的だ。


また、北海道産ブランド小麦「ゆめちから」を特殊製法でもっちり仕上げた『プレーンベーグル』は、ほんのりとした甘みと歯ごたえが特徴的で、もちろん動物性食材不使用。


さらに、ベーグルにキーマカレーを詰め込んだ『カレーベーグル』にも注目。カレーの中のパンチのあるミンチは植物由来で、言われなければ肉だと信じてしまうクオリティなのだとか!

コロナ禍での新しいスタイルのベーカリーを、いち早く体験してみては。

■「KAMOGAWA BAKERY」
住所:京都市上京区伊勢屋町386
カテゴリ