「Signifiant Signifie」が世田谷太子堂に移転オープン!限定パンも多数登場

「Signifiant Signifie」が世田谷太子堂に移転オープン!限定パンも多数登場


「医食同源」「唯一無二」をコンセプトに掲げ、「ハレの日に食べるパン」「食べて健康になるパン」をテーマに進化を続ける人気ブーランジェリー「Signifiant Signifie(シニフィアン シニフィエ)」が、世田谷下馬の本店のショップ部門を近隣の世田谷太子堂に移転し、世田谷本店を11月1日(日)にグランドオープンする。

おいしさと安心安全にこだわった3つの材料


グランドオープンを見据えて、同店では10月の商品リニューアルの際に、「ハレの日に食べるパン」「食べて健康になるパン」として、さらにおいしさと安心安全にこだわって3つの材料を変更した。


「パン ド ミ」「パン コンプレ」「小麦胚芽のミニ食パン」などの使用小麦は、フランス産やドイツ産のオーガニック小麦粉と国産小麦粉に変更。

卵は、餌にもこだわった“平飼いされた”鶏の卵に。平飼いは鶏本来の習性に合ったストレスフリーな飼い方で、健康で丈夫な体になり、生命力にあふれた美味しい卵を産んでくれるのだそう。また、生産者が自家配合した安全安心な餌を使用しているので、より健康に育つという。

牛乳は「低温殺菌」のものを使用。一般的に多いのは「超高温殺菌」された牛乳で、栄養成分は変わらないが、たんぱく質が変性してしまうため風味が変化する。これに対し、ゆっくりと殺菌する「低温殺菌」牛乳は生乳本来のおいしさが保たれ、ほんのりと自然の甘みが感じられるすっきりとした味わいに仕上がる。

オープン記念限定品やマルシェバッグも登場


世田谷本店では、週替りでオープン記念限定商品を販売する。


11月1日(日)〜8日(日)は「ショーソン オ ポム」「生ハムエピ」、9日(月)〜15(日)は「ココナッツオレンジ」「サヴァラン」、16日(月)〜22(日)は「パン オ サレ」、23日(月)〜29(日)は「スフォリアテッラ」が登場する。


また、新たな世田谷本店限定パン「オーガニック小麦のバゲット」600円(税抜)も登場。定番商品の「ルヴァンビオ」のバゲットバージョンで、オーガニック小麦、オーガニックライ麦を配合している。


さらに、ロゴの入った「オリジナルマルシェバッグ」1,200円(税抜)も新発売。厚めの帆布でしっかりとしたマチが付いており、たっぷりと買い物ができそう。こちらはオンラインショップでも購入可能だ。

オープン初日の10:00~12:00には、志賀シェフが店頭に立つ予定。おいしくて安心安全な「Signifiant Signifie」のパンを、この機会に味わってみて。

■「Signifiant Signifie」世田谷本店
住所:東京都世田谷区太子堂1-1-11

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします
カテゴリ