日本のコーヒーカクテル第一人者・高宮裕輔監修のボトルカクテルが先行販売

日本のコーヒーカクテル第一人者・高宮裕輔監修のボトルカクテルが先行販売


トップバーテンダーのカクテルをボトルに詰めた「BAR TIMES」のプライベートブランド「バータイムズ ボトルカクテル」では、第2弾の商品として、日本におけるコーヒーカクテルの第一人者であり、東京・四ッ谷でジェラート&バー「TIGRATO」を運営する高宮裕輔氏監修のコーヒーカクテルを企画。


甘味・酸味・苦味のバランスが絶妙な、高宮氏ならではのコーヒーボトルカクテル「TIGRATO COFFEE」が、現在クラウドファンディングにて先行予約販売中だ。

日本のコーヒーカクテルの第一人者が監修



高宮裕輔氏は、世界的なカクテルコンペティションにおいて常にファイナリストに名を連ねる実力派バーテンダー。日本におけるコーヒーカクテルの第一人者として知られており、お店に本格的なエスプレッソマシンを導入し、様々な産地のコーヒー豆を扱い、焙煎度合いなども含め、カクテルとしてのコーヒーをバーテンダーの視点から研究してきたスペシャリストだ。

使う豆の種類や加工にもこだわりが


そんなコーヒーカクテルへの造詣が深い高宮裕輔氏が監修する、「バータイムズ ボトルカクテル」第2弾。

コーヒーボトルカクテル「TIGRATO COFFEE」は、あえてウオッカをベースにコーヒーを抽出させたブラックルシアンのボトルカクテルにしたという。


使用する豆はエチオピア産の「イルガチェフェ」というモカの種類で、レモンやオレンジなどの明るい酸味が特徴的。キレイな酸味が出やすいウォッシュドタイプを採用し、焙煎はやや浅めの中煎りの豆を選んだとのこと。

さらに、バルサミコ酢を加えることでコーヒーが持つ本来の酸味を補い、丁度いい酸味として感じられるように仕上げている。

生クリームを浮かべたり炭酸割りにするのもおすすめ



飲み方としては、これ自体がカクテルなので、純粋にブラックルシアンとして、または生クリームを浮かべてホワイトルシアンにしてもOK。炭酸割りもおすすめだ。

「TIGRATO COFFEE」は5,000円(税抜)で、クラウドファンディングでは、消費税・送料を含め6,500円で販売中。

秋の夜長にぴったりなコーヒーカクテル。気になる人はチェックしてみて。
カテゴリ