一発で恋愛対象外!「無意識にやりがち」なNG言動5つ

一発で恋愛対象外!「無意識にやりがち」なNG言動5つ

気になる人がいると「もっと知りたい」「理解したい」と感じますよね。


ところが、相手に関心があるからこそ、NGな言動を見たときに一気に冷めるリスクもあるみたい。


いい人と出会ったときのために、なにをするとダメなのか男性目線で知っておくことはとても重要です。


今回は一発で恋愛対象外になるNG言動を5つご紹介していきます。無意識にやってしまう人も多いため、当てはまっていないかチェックしてみましょう。



過去の恋愛話をする


男性は、自分以外のほかの男性をライバル視しやすい傾向があります。


過去の恋愛話をするだけでもメラメラと嫉妬することもあるため、どうしても話さないといけない状況でない限り、ほかの男性の話題は出さない方が良いでしょう。


とくにNGなのは、「この場所、元カレと来たことある」「むかし、大好きだった彼がいたんだよね」など、過去の恋愛の思い出を語ること。


もう終わった恋愛だと分かっていても、男性は「元カレより微妙だったらどうしよう」「元カレと比べられてる……?」といった不安を感じてしまうもの。


そういった不安や嫉妬から一気に脈なしになってしまうこともあるので、やめておいたほうが無難です。


「男って〇〇」と決めつける


「男って〇〇だよね」「みんな絶対こう思ってるよ」など、決めつけた言い方をしてしまうのもNGです。


あなたに「決めつける意思」があってもなくても、その発言をされた途端に「この人に本音を話すのは難しそう……」と心を閉ざす男性は少なくありません。


自分の意見を伝えるのはOKですが、必ずしも相手の男性が「男って◯◯」に当てはまるわけではないため、「俺はそうじゃないのに」と思われてしまうかも。


「〇〇君はどう思うの?」と相手の考えを聞く姿勢でいた方が、話は弾みやすくなるはずですよ。


まだ親しくないのにボディタッチ


恋愛上手な女性は、タイミングを見極めたうえで、巧みにボディタッチをしているもの。


それは、ボディタッチのタイミングを誤ると逆に引かれてしまうことを知っているから、なのかもしれません。


恋人からのボディタッチは嬉しくても、まだ親しくない相手からのボディタッチは「下品」に見てしまいます。


また、あまりに慣れた様子で触ると「他の男にも同じことをしているのかな?」と思われやすくなります。


恋愛に対する理想が高い


恋愛に対する理想が高いと、当然、恋人への期待が膨らんでいくもの。


しかし、期待された側からすると、「失敗したらマズい」「頑張らないと」とプレッシャーに感じることもあるでしょう。


いっそのこと「思った通りにならないのが自然」と考えて、過度に期待しすぎない方がベターです。


期待するとダメな部分が気になりますが、期待を緩めるとちょっとした優しさや親切に気付く余裕も生まれます。


恋愛経験のある男性ほど、こうしたプレッシャーを瞬時に察知して、フェードアウトしていくものです。


相手への期待は言動の節々に表れるため、「今、期待してるかも」と思ったら目の前の彼に意識を向けましょう。


ネガティブな言葉が多い


相手が頼りになる男性だと、ついつい愚痴や弱音を言いたくなりますよね。


しかし、「うんうん」と笑顔で聞いてくれている様子でも、内心は「しんどいな……」と思っているケースも少なくないようです。


男性の多くは、ポジティブな言葉で前向きにしてくれる女性を好みます。


……とは言っても、誰しも落ち込んだり弱気になったりするのは自然なこと。落ち込んでいるときほど、好きな人に話を聞いてもらいたい、と思うのも自然なことです。


相手に嫌がられるのはどのあたりからか、という見極めをしっかり行い、ネガティブな発言をする時は短く済ませて、何度も言わないように意識してみましょう。


我慢しすぎると良くないため、自分のなりにストレスを解消できる方法を見つけられるとベストです。


NG言動に気を付けつつ楽しもう


恋愛対象として見られるには、男性目線で「居心地が良い」と思ってもらうことがポイント。


「〇〇してはいけない」と思うと恋愛が息苦しくなってしまうため、「相手の居心地を良くしよう」というプラスの思考で接しましょう。


前向きな気持ちで行動すると、自然と良い雰囲気が流れるようになりますよ。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ