ノンアルコールワインってどんな味!?話題のノンアルコールバー「0%」からノンアルコールワイン『g(ジー)』が登場


ワインは、ちょっぴり大人のお酒のイメージ。飲んでみたいけれど、「お酒が強くない」「ワインは高いイメージ」という理由から今まであまり飲んだことがない人も多いのでは?



そんな皆さんにぴったりなノンアルコールワイン『g(ジー)』が、今年オープンしたばかりのノンアルコールバー「0%」から登場しました。ノンアルコールだから悪酔いすることなく、本格的なワインのテイストを味わうことができちゃうんです♡



究極のノンアルコールワイン『g(ジー)』





今年の7月に東京・六本木にオープンして、話題を呼んだノンアルコールバー「0%」。



その「0%」の公式ウェブサイトで、ノンアルコールワイン『g(ジー)赤・白 各3,000円(税抜)』の予約販売が開始しました。



赤は「ツヴァイゲルト」、白は「グリューナー・ヴェルトリーナー」という、オーストリアを代表するワイン用ぶどうを絞って、24時間以内にボトリングした本格的なノンアルコールワインです。





ワイン用ぶどうは、食用ぶどうに比べて甘さが抑えめで、程よい酸味が特徴。その香り、味わいを生かすため、収穫したばかりのぶどうを24時間以内に圧搾し、すぐにボトリングを行うことで、発酵前の新鮮なぶどうの風味を楽しめるそうですよ♪



ワインの新酒をフランスでは「ボジョレーヌーヴォー」と呼びますが、オーストリアでは「ホイリゲ」と呼びます。この「ホイリゲ」になる手前、アルコール発酵する前のぶどうを絞った究極のノンアルコールワインが「g」だそう。



香りや味わいは、まさに生まれたてのワインで、濃厚でありながら、ピュアで雑味がないテイスト。ノンアルコールで、砂糖、着色料、フレーバーを一切加えていない100%ぶどうのみを贅沢に使用しているんだとか。どんな味がするのか早く飲んでみたいですよね…!



サングリアやモヒートにアレンジできちゃう





そのままワイングラスに注いで、豊かな味わいや香りを楽しむのはもちろん、ノンアルコールカクテルにアレンジすることも可能♪



例えば、フルーツと合わせてホットサングリアにしたり、ハーブと合わせて自家製モヒートにしたりと、さまざまな楽しみ方があるんです。これからやってくる、ホリデーシーズンでのホームパーティーで、楽しむのにもぴったりですよね◎



カクテルの作り方は、「0%」の公式Instagram(@0pct_tokyo)で紹介されているので、チェックしてみてくださいね♪



熟成するアートなラベルデザイン





赤と白、それぞれのラベルに描かれたアートは、今注目のアーティスト・Dunkwellさんによる描き下ろし。“宇宙にできた最初のバー”という「0%」のコンセプトからのインスピレーションで描かれたオリジナルラベルは、手に取りやすくかわいらしいデザインですよね♡



この年に誕生した、“ぶどう”と“アート”の出会いを、ひとつのストーリーとしてじっくり味わってみてくださいね!



『g』の予約は、公式オンラインストアからとなります。配送は12月中旬を予定しているそうなので、年末年始にぜひ家族や友達、恋人と楽しんでみてはいかがでしょうか。



0% 公式オンラインストア

https://shop.0pct.tokyo/



カテゴリ