「第3回ご当地タニタごはんコンテスト」全国大会がYoutube Liveで生配信!“のん”のトークショーも

「第3回ご当地タニタごはんコンテスト」全国大会がYoutube Liveで生配信!“のん”のトークショーも


タニタは、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的に、今年春より実施しているアレンジレシピコンテスト「第3回ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」の全国大会を11月7日(土)に開催。同大会の模様は、オンライン(Youtube Live)にて生配信される。

また当日は、第3回コンテストのアンバサダーを務める女優・のん氏が登壇するトークショーも実施予定だ。

全国の郷土料理にフォーカスしたイベント


「ご当地タニタごはんコンテスト」とは、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、これを“タニタが考える健康的な食事の目安”に則ってアレンジしたレシピを、全国5ブロック(北海道・東北/関東・甲信越/近畿・北陸・中部/中国・四国/九州・沖縄)で募集し、審査・表彰するコンテスト。

タニタが考える健康的な食事とは


“タニタが考える健康的な食事の目安”とは、「1食あたり500~800kcal」「基本は主食・主菜・副菜とするが、これらの要素が入っていれば一皿でもよい」「主食(ごはん、麺、パンなど)は100~200g」「主菜(肉、魚、大豆製品など)は70~150g」「野菜は150g以上使うこと(きのこ・いも・海藻は含まず)」「食塩相当量は3.4g以下」といった規定を満たすもの。

同コンテストでは、これに基づきレシピを現代風にアレンジすることで、郷土料理の継承とともに、新しい地域の特産品として広く認知・普及させ、地域の活性化に結び付けることを目指している。

全15チームからグランプリを決定


今回で3回目の開催となる全国大会では、5ブロックごとに書類選考を通過した全15チームのレシピとプレゼンテーションを最終審査し、グランプリ・準グランプリを決定する。

また大会では、出場チームのプレゼンテーションなども行われる。優勝チームには賞金50万円を授与するほか、上位入賞作品はタニタが監修し、商品化に向けた取り組みを実施する予定だという。

女優・のんがトークショーに登壇


同大会では、女優・のんがトークショーに登壇。コンテストのアンバサダーを1年間務めた女優・のん氏が、1年間の活動の振り返りやコンテストの感想、郷土料理にまつわるエピソード、出場者に向けてのメッセージなどについて語るのでお楽しみに。

開催日時は、11月7日(土)11:30~14:30で、Youtube Live(YouTube TANITA official)にて生配信予定。なおトークショーは14:00からとなっている。
カテゴリ