待っているのかも!男性が見せる「告白されたい」サイン

待っているのかも!男性が見せる「告白されたい」サイン

「告白は男性がするもの」という考えの人は、まだまだ多いでしょう。


でも、男性の中でも、好きな気持ちがあっても、勇気が出ず、女性からの告白を待っているタイプの人もいます。


そこで今回は、男性が見せる「告白されたい」サインを紹介します。



「彼女がほしい」とよく言う


「とにかく彼女がほしいと言う意志を何度も伝えれば、告白しようという気持ちになってくれるかな?と期待してます」(31歳/男性/不動産関係)


告白をしてもらうためには、まずは「彼女がいないこと」と「彼女がほしいこと」を相手に伝える必要があります。


だからこそ、そんな言葉をさりげなく言う男性は、あなたにアピールをしている可能性大。


「彼女がほしい」と言いつつも、「誰か紹介してよ」という流れにないのならば、注意してみるといいかもしれません。


「積極的な女性が好き」と言う


「自分がガンガン攻められるタイプではないので、積極的に来てほしいことは伝える。僕なりのアピールです」(28歳/男性/システムエンジニア)


「積極的な女性が好き」「俺って押しに弱いタイプ」「自分からは告白できない」などを伝えてくるのは、遠回しな「告白を待っています」サイン。


受け入れ態勢はできていることを示して、あとはもう完全に待っている状態なのかもしれません。


「いいムード」を作ろうとする


告白待ちな男性の言動は?


「2人きりで静かなところに行ったら、告白ムードになるかなって、淡い期待を持ちつつ、そういう場所に行きます」(32歳/男性/営業)


告白をする際には、周囲の環境やムードが大事なポイントになります。


そのため、告白をされたい男性は、女性が告白しやすくなるような空気を頑張って作り出そうともするもの。


夜景の見える場所、人のいない静かな公園、カップルが集まるスポットに行ったり、2人きりになったときにムードを盛り上げたりするのは、その典型的な行動でしょう。


「恋愛話」をよくする


「恋愛トークをそれとなくして、自分の恋愛観とかを伝えたりしますね。そうやって自分をわかってもらうようにしています」(31歳/男性/商社)


相手の恋愛観を知りたかったり、逆に自分の恋愛観を知ってもらいたかったりするときには、男性は恋愛話をよくするもの。


会話の中でお互いのことを意識するような流れに持っていき、あわよくば告白されたいという考えなのかも。


一途アピールや「浮気はしない」宣言などを男性がしてくるようなら、付き合いたい気持ちが溢れ出てしまっているのでしょう。


おわりに


好きな男性が今回紹介したような「告白されたい」サインを出しているのなら、思いきってあなたのほうから思いを告げるのもアリです。


お互いに待っている状態では、関係性はいつまでも進展しませんよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ