匠の技を受け継ぐ手造り!“ワインと響き合う”「薔薇乃ベーコン」誕生

匠の技を受け継ぐ手造り!“ワインと響き合う”「薔薇乃ベーコン」誕生


「つくば学園の森 燻製工房」から、約40年続いてきた伝統の味を大切にしながら“ワインと響き合うベーコン”として新開発した「薔薇乃ベーコン」が新登場!11月22日(日)より公式オンラインストアにて先行販売される。

匠の技を受け継ぐ手造りベーコン



「薔薇乃ベーコン」は、日本ではあまりなじみのないワインとベーコンのマリアージュを楽しむために、「つくば学園の森 燻製工房」が新たに開発した手造りのプレミアムベーコン。

そのルーツは、つくば研究学園都市で野菜栽培と養豚業を営んでいた直江忠則氏による手造りベーコンだ。


材料には、飼料からこだわり、認定農家でのみ育成される茨城の銘柄豚「ローズポーク」を使用。増量剤や防腐剤は使用せず、砂糖と塩をベースにした秘伝の液に漬け込んで15日〜20日かけて熟成し、さらに木炭による乾燥後、独自に編み出した製法「櫻薪長燻(さくらまきながいぶし)」を行い、桜の薪で約5時間燻すことでようやく製品が完成する。

一般的な薫煙は桜材のチップで高温・短時間で行うが、より芳醇な薫りにこだわり、この方法を守り続けているという。

女性職人の感性が生きた繊細な味わい



全体のテイストを決めるディレクションを行ったのは、中山亜希子氏。女性の感性でほどよいと感じる風味や口あたりのバランス、現代の食生活の嗜好に合った抑えめな塩加減など、ワインとのペアリングにふさわしい繊細な味わいのベーコンに仕上がっている。

レシピと料理に合うワインも提案



手間と時間を惜しまない匠の技を受け継ぐ手造りの「薔薇乃ベーコン」は、レシピによっては、赤ワインだけでなく、白ワインやスパークリングワインにも合うことから、その味わいをより深く楽しめるように、オリジナルのレシピとその料理に合ったワインをあわせて提案。


大型クルーズ船「飛鳥」の総料理長など、世界の第一線で活躍してきたシェフの石河篤則氏と、


「エノテカ・ピンキオーリ」のシェフソムリエなどを経てイタリア料理店「リストランテ クロディーノ」を経営するソムリエの黒田敬介氏が監修しているので、こちらもチェックしてみて。
カテゴリ