奈良県桜井市で“運命の赤い糸伝説”ゆかりの地を巡るスタンプラリーが開催

奈良県桜井市で“運命の赤い糸伝説”ゆかりの地を巡るスタンプラリーが開催


奈良県の桜井周辺地域は、6世紀末、第33代推古天皇が飛鳥の地に都を移すまでのおよそ400年にわたる国家成立の舞台となった場所だ。

そんな歴史ある地域で、「古事記」に綴られた“三輪の赤糸伝説(運命の赤い糸・伝承)”ゆかりの地を巡る「赤糸の小道スタンプラリー」が開催される。

運命の赤い糸伝説ゆかりの地をめぐる


今回、奈良県桜井市にて開催される「赤糸の小道スタンプラリー」は、大神神社周辺の9か所に設置された解説板にある二次元バーコードをスマートフォンで読み込み、スタンプを集める企画。


現存する最初期の大型前方後円墳である箸墓古墳より、大神神社・夫婦岩まで、約4kmにわたりゆかりの地を巡る。

開催期間は11月28日(土)~12月6日(日)を予定。参加費は無料。アプリなどのダウンロードは不要で、誰でも気軽に参加ができる。

スタンプを集めて賞品をゲット!


また、同スタンプラリーの参加者には、抽選で賞品をプレゼント。3か所を巡りスタンプを集めると「2等」、9か所全てのスタンプを集めると「1等」への応募が可能となる。

運命の赤い糸“赤糸の小道”を巡る「赤糸の小道スタンプラリー」に参加し、出会いの祈願や、大切な人との絆を深めてみては。

臨時シャトルバス運行やシンボルイベントも


なお、11月29日(日)は、「大神神社ー桜井市民会館」間と「桜井市民会館ー近鉄桜井駅・JR桜井駅」間で、臨時のシャトルバス運行を予定。「桜井市民会館」ではシンボルイベントも実施されるので、あわせてチェックしてみて。
カテゴリ