北海道産エゾシカと国産の猪をイタリアンで楽しむ「ジビエフェア」が開催!

北海道産エゾシカと国産の猪をイタリアンで楽しむ「ジビエフェア」が開催!


サンフランシスコ発のイタリアン「A16(エーシックスティーン)」<TOKYO><YOKOHAMA>では、11月24日(火)~12月13日(日)の期間のディナータイム限定で「ジビエフェア」を開催する。

秋冬に美味しいジビエをワインとともに堪能


「ジビエフェア」は、ジビエの野性味あふれる味わいと、「A16」の醍醐味である素材の味を活かしたシンプルな調理法を用いたイタリアンの融合を、イタリアワインやカリフォルニアワインとともに堪能できるフェア。

ジビエは、狩猟解禁の秋冬が一番脂が乗って美味しいとされ、今回「A16」では、北海道産のエゾシカと国産の猪を使ったメニューを用意。同店のジビエは、徹底した衛生管理のもと加工施設で素早く丁寧に処理されているので、ジビエ特有の臭みもなく、美味しく食べることができる。

エゾシカ・猪を使用したメニュー



「ジビエフェア」のメニューには、北海道産のエゾシカを使用し、葡萄の葉で巻いてパテにした「エゾシカのパテ」1,000円(税抜)をはじめ、


神奈川県の三浦半島で採れた旬野菜と、赤ワインで漬け込んで柔らかくしたエゾシカを串焼きにした「エゾシカと三浦野菜の串焼きスピエディーニ」2本/1,500円(税抜)や、


猪のもも肉と香草を一日かけてマリネし、オーブンで焼き上げたミートボールを、キノコと一緒に楽しむ「猪のミートボール キノコのロースト添え」3P/1,350円(税抜)、


ベシャメルソースをベースに、モッツァレラと猪のハムを贅沢に乗せた「ピッツァ 猪のプロシュートコット」2,800円(税抜)、


鹿のロース肉をシンプルにローストしたものに三浦野菜を添え、赤ワインのソースをあわせた「エゾシカと三浦野菜のロースト」3,800円(税抜)、


猪のもも肉と香味野菜を約5時間煮込んで作ったソースを、太麺パスタマッケロナーラにたっぷり絡めた「マッケロナーラ 猪のラグーソース」1,700円(税抜)がラインアップ。なお、横浜店のパスタはトロッコリを使用している。

感染拡大防止対策



「A16」では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間の短縮やスタッフのマスク着用、店内の消毒や換気などの対策を実施中。詳細は公式HPにて確認を。

■「A16 TOKYO」
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F

■「A16 YOKOHAMA」
住所:神奈川県横浜市中区新港1-3-1 MARINE&WALK YOKOHAMA2F
カテゴリ