紺野彩夏『Seventeen』専属モデル卒業発表「感謝の気持ちでいっぱい」 『ジオウ』オーラ役で話題

紺野彩夏『Seventeen』専属モデル卒業発表「感謝の気持ちでいっぱい」 『ジオウ』オーラ役で話題

 モデルで女優の紺野彩夏(21)が23日、自身のインスタグラムとツイッターで女性ファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルを12月1日発売の1月号で卒業することを発表した。



【動画】「感謝の気持ちでいっぱい」Seventeen卒業を発表した紺野彩夏



 紺野は「紺野彩夏、Seventeenを卒業します!」と発表。続けて「愛あふれる素敵な卒業ページをつくっていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。紺野の今までの想いがたくさんつまっていますので、卒業号、ぜひ手に取ってご覧ください」と感謝の気持ちをつづりながら、ファンに呼びかけていた。



 紺野は同誌のモデルをしながら女優にも進出。『仮面ライダージオウ』(2018年)では、敵役のタイムジャッカーのオーラ役を務め、注目を集めた。また、きのう23日放送のフジテレビ系バラエティー『痛快TV スカッとジャパン』には、人気グループ・美 少年の浮所飛貴演じたバスケットボール部のキャプテンを支えるマネージャー役を務めていた。
カテゴリ