『R-1』2021年も開催決定 19回目で大幅テコ入れ 『ぐらんぷり』から『グランプリ』 出願資格は芸歴10年以内に

『R-1』2021年も開催決定 19回目で大幅テコ入れ 『ぐらんぷり』から『グランプリ』 出願資格は芸歴10年以内に

 “とにかく面白いひとり芸日本一”を決める『R-1グランプリ2021』の『やります会見』が25日、東京・渋谷の∞ホールで開催。今年で19回目を迎えるが、名称や出願資格などで大幅なテコ入れをする。



【写真】スティーブ・ジョブズ風にRGが披露した「裸の芸人が活躍しがち」



 2002年より開催してきた同大会も来年で19回目。『R-1ぐらんぷり』だった名称は『R-1グランプリ』とカタカナに改められ、同時にロゴも変わる。また、応募資格は「芸能事務所及びプロダクション所属者」「芸能活動を行っている者」「『芸』を生業としている者」のいずれかに該当する人だったが、『R-1グランプリ2021』からは「プロは芸歴10年以内であること(2010年1月1日以降に芸能活動を開始していること)」「アマチュアは、R-1への出場が今回で10回目以内であること」に変更される。優勝者の賞金は変わらず500万円。



 この日の会見には、出場資格を失ったレイザーラモンRGも登場。スティーブ・ジョブズ風に「ニューロゴ、ひらがなtoカタカナ~。ニュールール、アンダー10イヤーズ芸歴~。アメイジング、イノベーション!」とリニューアルをプレゼン。「アイム、フィニッシュ。ゲームオーバー」と出場資格を失ったことを報告すると「ラスト1」として“あるある”を披露することに。布袋寅泰の「スリル」に合わせて「裸の芸人が活躍しがち」「ザコシさんのあとにおいでやす小田出がち」とネタを見せて笑わせた。



 また、同じく芸歴20周年で出場資格を失ったおいでやす小田は“専属ライター”に。「勝手なルールはアカン! 視聴者投票ゼロで終わり?」と不平不満を言いまくる。次は現行のルールにして、最後の1回を出させてくれ」と抗議したが認められず、最終的には「審査員をやらせてくれ!」と無理難題をふっかけていた。



 また、会見には昨年度の優勝者である野田クリスタル(マヂカルラブリー)のほか、賀屋壮也(かが屋)、紺野ぶるま、ますみ(天才ピアニスト)、ほしのディスコ(パーパー)、ぼる塾のきりやはるかと田辺智加、マツモトクラブ、ゆりやんレトリィバァも参加した。



 応募期間は、きょう25日から12月25日まで。12月27日から予選がスタートし、決勝戦の模様は来春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送を予定している。
カテゴリ