中村倫也は“オーラ0人間”「この1年、街を歩いても気づかれない」

中村倫也は“オーラ0人間”「この1年、街を歩いても気づかれない」

 俳優の中村倫也が、ファッション性や話題性に富んだ人に贈られる日本メンズファッション協会主催の『第49回 ベストドレッサー賞』の芸能部門を受賞し25日、都内で行われた発表・授賞式に出席した。



【動画】話題ドラマ『恋あた』についてお茶目な回答をする中村倫也



 中村の受賞理由は「映画、ドラマ、舞台でいろいろな役をこなすも、独特の個性を発揮する俳優の中村倫也さん。心にわだかまりがなく落ち着いていることをいう『虚心坦懐』という言葉が好きなように、自然体のジェントルなベストドレッサーです」となっている。



 光沢のあるフォーマルな衣装で登場した中村は「歳とともに、毎日服を着替える仕事といいますか、役によってシーンによって着ているんですけど、昔はパーカーやダメージジーンズだったのが、スーツが増えているなと。スーツを着ると、背筋が伸びますね」とにっこり。趣味の散歩をきょうのイベント前にも楽しんだようで「事務所で打ち合わせをして、ここに入るまでに30分くらいあったので、事務所の周りをグルグル、行ったことのない道を探したりしていました。知らない道、曲がり角、カーブミラー、ブロック塀が好きでして。まだ見ていないものいっぱいあるな。落ち葉もキレイに風が流れて、キレイでしたよ」と語った。



 MCから「人が集まって大変じゃないですか?」と心配されるも「全然ですよ、オーラ0人間ですので(笑)。この1年、街を歩いても気づかれてないですね。きょうも帽子とマスクでしたけど」と告白。役者業について「好きですね、面白いですよ。日常で味わえない感情を凝縮していると言いますかね。その感覚を得られるのも楽しいですし。思ってもないところに連れて行ってもらったりするので。でも、せりふ覚えるのが苦手なんですよ」と照れ笑いを浮かべた。



 来年の抱負については「いくつかお仕事もいただいていまして、やることは決まってきているんですけど、健康で楽しく現状維持です」ときっぱり。放送中のTBS系連続ドラマ『この恋あたためますか』に出演しているが、クランクアップを迎えたのかについての質問では「全然です。スケジュール厳しくなってきて…」と明かしていた。



 政治・経済部門を伊藤忠商事社長の鈴木善久氏、学術・文化部門を日本舞踊尾上流四代家元の尾上菊之丞、芸能部門を田中みな実、スポーツ部門をプロeスポーツ選手のときどが受賞した。

カテゴリ