藤原竜也、1ヶ月のブルガリアロケは「嫌だった(笑)」 竹内涼真はタクシーでボッタクリ被害

藤原竜也、1ヶ月のブルガリアロケは「嫌だった(笑)」 竹内涼真はタクシーでボッタクリ被害

 俳優の藤原竜也と竹内涼真が26日、オンラインで行われた映画『太陽は動かない』(2021年3月5日公開)の生配信イベントに出席した。



【動画】アクションシーン満載!冒頭7分間映像



 物語は、誰が敵か味方かわからない命をかけた頭脳戦。24時間ごとにリセットされる心爆弾を心臓に埋め込まれた鷹野(藤原)と田岡(竹内)は「新時代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとのバトルを展開。陸海空問わずに繰り広げられるアクションシーンもあり、極限のタイムリミット・エンターテインメントが展開される。



 本作は、約1ヶ月にわたりブルガリアで撮影が行われたが、竹内は「最初はブルガリア!?って思いました」といい、藤原も「本当に嫌だった(笑)。フライト1時間前までどうにかできないかと思っていました」と過酷な撮影期間を振り返った。



 また、藤原が「涼真は(ブルガリアで)休みあった?」と聞くと、竹内は「ありました。散歩はしたんですけど、観光地でタクシー乗ってボッタクられて(笑)。運転手さんとちょっともめたんです」と苦笑いを浮かべながら回想した。



 最後に、藤原は「ブルガリアと日本で半年間かけて撮影し、絶対に飽きさせない最高の羽住(英一郎)監督の最新作になっているのでぜひ劇場に足を運んでください!」とアピール。竹内は「自分たちが自信を持って作ったかっこよくて面白い作品を多くの皆さんにぜひ見てもらいたい!」と熱い思いを語った。

カテゴリ