JO1、1stアルバム『The STAR』発売 それぞれの成長ポイント解説【Red編】

JO1、1stアルバム『The STAR』発売 それぞれの成長ポイント解説【Red編】

11人組グローバルボーイズグループ・JO1が25日に1stアルバム『The STAR』を発売した。ORICON NEWSでは11人インタビューのほかに、3種類のジャケット別に質問。それぞれ、デビューから1stアルバム発売までの成長を聞いた。【Red編】には、豆原一成、川西拓実、佐藤景瑚、木全翔也が登場する。



■豆原は見せ方で成長 木全は川西の推しポイントを熱弁



【インタビュー動画】1stアルバムの聴きどころ&オンラインコンサートへの思いを語ったJO1



 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成された。



【佐藤】みんな成長しました。特に、トーク力。バラエティーでも最初はみんな猫をかぶっていたけど、どんどん面白くなっていて素晴らしいと思います。



【川西】豆はオーディションの時に「見せ方がよくない」と言われていた。でも、今は自分のスタイルを確立している。すごいなって思います。努力家だなって思いますね。



【豆原】翔也くんは『PRODUCE 101 JAPAN』の時もAクラスで一緒だったんですけど、がっつり絡んだのはJO1になってから。



【木全】そうですね。



【豆原】人見知りなのも、翔也くんらしい(笑)。でも、パフォーマンスは、すごくカッコよくてギャップがいいですよね。そこが成長したポイントだと思います。



【木全】みんな、トーク力に関しては、バラエティーの流れをつかめるようになったと思います。あとは、それぞれの実力も上がっています。レコーディングで聞いていても「ここ、いいわ~」ってなりますよね。表題曲の「Shine A Light」の拓実くんのパートで、めっちゃ好きなのがあって「抱きしめてStarlight」というところで、耳が気持ちいい。元からセンスの塊でうまいのかもしれないけど、そこがめっちゃ好きですね。



 ORICON NEWSでは、JO1の11人インタビューも実施。それぞれが思う新アルバムの聞きどころや残っている『PRODUCE 101 JAPAN』の楽曲でやってみたい曲などを熱くトーク。さらには、今後の夢なども語っている。



--------------------------------

 3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」は、3月10日発表のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録。6月18日発表のオリコン上半期ランキング2020では、アーティスト別セールス部門にて、JO1が新人セールスの2位、作品別売上数部門で「PROTOSTAR(無限大)」がシングル6位を獲得した。また、8月26日に発売した2ndシングル「STARGAZER(OH-EH-OH)」も、9月1日発表のオリコン週間シングルランキングで2作連続での1位を獲得した。



 通常盤のほか、初回限定盤は3形態(Red、Green、Blue)。それぞれCDに加え、Redは特典映像(JO1 PARTY)のDVDが、GreenはPHOTO BOOKが、BlueはACCORDION CARDが付属する。また、Redメンバー、Greenメンバー、Blueメンバーのソロアザージャケットもランダム封入される。
カテゴリ