松本穂香、瀬戸利樹の人柄は「犬のような」 真っ直ぐな“純粋さ”をベタ褒め

松本穂香、瀬戸利樹の人柄は「犬のような」 真っ直ぐな“純粋さ”をベタ褒め

 女優の松本穂香、俳優の瀬戸利樹が27日、都内で行われたオリジナルアニメーション映画『君は彼方』初日舞台あいさつに登場した。



【写真】瀬戸利樹をべた褒めした松本穂香



 同作は、芸術、映画、アニメ・漫画の街としての新しさと、どこかレトロな部分も持ち合わせた池袋を中心とした青春ファンタジー物語。劇中では、待ち合わせスポットとして有名な“いけふくろう”が登場するなど、豊島区と池袋が全面バックアップしており、日々を何となく生きている主人公・澪(みお)を松本、澪の幼なじみ・新(あらた)を瀬戸が演じている。



 無事に公開を迎えた今、「相手に伝えておきたいこと」を聞かれると、松本は瀬戸の人柄に言いたいことがあるそうで「お話をしていて、すごく純粋な方と感じていました。新という役も、そのまっすぐさが表現されているので、新を演じられたのは瀬戸さんだったからだと思いました。厳しい世の中ですが、その純粋さと真っ直ぐさを失わないでいてほしい」とベタ褒め。



 具体的なエピソードとして「お話をする時に、すごく真っ直ぐに見つめてくるので、犬のように…わんこのような真っ直ぐさを持っている方はなかなかいない。(目力)すごいです」と笑いながら伝えた。



 これを聞いて瀬戸は「ありがとうございます。…ん~」と照れながら、「(松本は)声がめちゃくちゃいいです」と告白。「みおの声もすばらしいのですが、松本さんの声質がすごく良くて、聞いているこちらも耳が心地よくなり、フワフワとした気持ちになりました。…なんのお見合いですかね、これ?」と互いにベタ褒めして笑いを誘った。
カテゴリ