武田玲奈、映画公開初日に共演者と“初対面” コロナ禍の撮影やり抜き監督も絶賛「神がかった芝居」

武田玲奈、映画公開初日に共演者と“初対面” コロナ禍の撮影やり抜き監督も絶賛「神がかった芝居」

 女優の武田玲奈が27日、都内で行われた映画『真・鮫島事件』初日舞台あいさつに登壇した。



【動画】武田玲奈、鮫島事件をお題に大喜利に挑戦! 映画『真・鮫島事件』初日舞台あいさつ



 同作は、平成ネット史最大の闇と言われる「鮫島事件」を原案に、「事件の内容を知ると消されるが、真相はわからない」という形のない噂話の恐怖が“リモート部活会”という、昨今一般化したオンラインをベースに伝播し、家と外で同時に巻き起こるパニック・オリジナルホラー。



 永江二朗監督はコロナ禍でリモート撮影となったことに触れ「武田さんは誰とも会ってなくて、さっき(今日の登壇者に)『はじめまして』って控室で言っていた(笑)。本当に武田さんに関してはずっと誰とも会わなかった」と説明。これを聞いた武田は「(誰とも)会ってないですね」としみじみ回顧し、鶴見萌は撮影で「武田さんの映像だけ見てました」と苦笑していた。



 永江監督は「武田さんは誰とも会わずに、ずっと画面に向かって芝居してた。僕が一生懸命、『ここで今、こういうことが起こってます』ってひたすら説明していた。『並大抵のことじゃできないことをお願いしてるな』と撮影中思っていた。でも弱音を吐かず、一人で戦い抜いていた」と武田の役者根性を称賛。MCが「1人を感じさせない映画」と評すると、永江監督は「彼女の神がかった芝居の賜物(たまもの)」と手放しで褒めていた。



 武田は「唯一会えたのが、お兄ちゃん役の佐野(岳)さんだった」と明かし、「『やっと人とお芝居ができる!』と思った(笑)。懐かしい感じがしましたね」と笑顔を見せた。



 この日の舞台あいさつには、本作の主題歌「ツグム。」を歌う「虹のコンキスタドール」のメンバーで、2018年にソロデビューを果たした清水理子も出席した。

カテゴリ