JO1、1stアルバム『The STAR』発売 それぞれの成長ポイント解説【Blue編】

JO1、1stアルバム『The STAR』発売 それぞれの成長ポイント解説【Blue編】

11人組グローバルボーイズグループ・JO1が25日に1stアルバム『The STAR』を発売した。ORICON NEWSでは11人インタビューのほかに、3種類のジャケット別に質問。それぞれ、デビューから1stアルバム発売までの成長を聞いた。【Blue編】には、川尻蓮、河野純喜、金城碧海、與那城奨が登場する。



■ダンスも歌も成長中 川尻は「確実に成長する男」



【インタビュー動画】1stアルバムの聴きどころ&オンラインコンサートへの思いを語ったJO1



 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成された。



【與那城】純喜と最初から同じ。僕たちはもともとダンスをあまりやってきていなくて、どうなるのかなって思っていた。最近は食らいつきながら、なんとか形になっているかな。でも、純喜の成長がすごい。音やリズムを取るのが上手。覚えるのも早い。頑張っているなって思います



【河野】全員、成長してますよね。でも、この3人はボーカルで、蓮くんはダンスというイメージですけど、歌が成長しまくってます。(これまでは)“ダンスといえば”というイメージだと思いますけど、今は歌の面でもJO1を支えてくれる大切な存在です。「My Friends」のブリッジの最後の部分を「いつか歌いたい」と言っていた。それを実現していて「確実に成長する男」だなと思いました。



【川尻】Blueの3人はダンス未経験組。でも、1番って言っていいぐらいダンスに取り組もうとする姿勢が強い3人。(ダンスが)苦手なんですけど1番、聞いてくる3人です。豆も鏡に向かう時間は長いですけど、この3人も負けないぐらい。最近も伸びていますし、これを続けていけば心配はないんじゃないかなって思います。



【3人】ありがとうございます!



【金城】(しばらく無言)



【川尻】あれ? 目で語るタイプ?



【全員】(爆笑)



【金城】自分のことしか見えていない。自分がグレードアップすればチームの底上げになると思っていて。でも、ダンスと歌のどちらが力になれかと言ったら、歌だと思う。奨くんは安定した歌声を持っているし、蓮くんは声のトーンが高くて韓国の楽曲に向いている。純喜くんは、歌っている時に細かい部分のニュアンスを全部ちゃんとしている。そこが好きなところです。歌っていても口の開け方やトーンで全然、違う。それを完璧に忠実にこなしている。全員、すごいなって思いますね。



 ORICON NEWSでは、JO1の11人インタビューも実施。それぞれが思う新アルバムの聞きどころや残っている『PRODUCE 101 JAPAN』の楽曲でやってみたい曲などを熱くトーク。さらには、今後の夢なども語っている。



--------------------------------

 3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」は、3月10日発表のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録。6月18日発表のオリコン上半期ランキング2020では、アーティスト別セールス部門にて、JO1が新人セールスの2位、作品別売上数部門で「PROTOSTAR(無限大)」がシングル6位を獲得した。また、8月26日に発売した2ndシングル「STARGAZER(OH-EH-OH)」も、9月1日発表のオリコン週間シングルランキングで2作連続での1位を獲得した。



 通常盤のほか、初回限定盤は3形態(Red、Green、Blue)。それぞれCDに加え、Redは特典映像(JO1 PARTY)のDVDが、GreenはPHOTO BOOKが、BlueはACCORDION CARDが付属する。また、Redメンバー、Greenメンバー、Blueメンバーのソロアザージャケットもランダム封入される。
カテゴリ