「URBAN RESEARCH×小杉湯」コラボ第二弾!“ととのう”ウェア新発売

「URBAN RESEARCH×小杉湯」コラボ第二弾!“ととのう”ウェア新発売


「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」から、東京・高円寺の銭湯「小杉湯」とコラボレーションした“ととのう”ウェアが登場!11月26日(木)“いい風呂の日”より、アーバンリサーチなんばCITY店/アーバンリサーチKYOTO/アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズビジネスタワー店/アーバンリサーチ ストア 東京スカイツリータウン・ソラマチ店と、アーバンリサーチ オンラインストアにて販売中だ。

地域活性化を目指すプロジェクト



「小杉湯」は、音楽・ファッション・サブカルチャーを中心とした多様な中央線カルチャーと、古き良き歴史が混在する高円寺で、多くの人から愛されている憩いの場。

今回は、「アーバンリサーチ」が日本各地の企業やクリエイターによって創られるローカルコミュニティとともにその土地の魅力を再考し発信していく「JAPAN MADE PROJECT(ジャパン メイド プロジェクト)」が6つ目の地域として立ち上げた「JAPAN MADE PROJECT TOKYO」より、高円寺の銭湯「小杉湯」とのコラボレーション第二弾として、「ルーズフィットベスト」と「ルーズフィットヘンリーネックシャツ」が発売された。

第一弾に引き続き、スマイルコットン社が手がけるブランド「HAAG(ハーグ)」との協業となり、単なるリラックスウェアではなく、銭湯を起点として街の回遊が叶う商品を目指し、小杉湯と幾度となく議論を重ねて誕生した。

銭湯通いはもちろん街着としても



“ととのう”ウェアは、銭湯の行き帰りで重要となる楽チンで動きやすい服装であると同時に、そのまま街へと繰り出せるよう、両アイテムともゆったりとしたリラックス感のあるシルエットに設定。

さらに、「わた」のようにふんわり軽くやわらかい、保温性に優れた「スマイルコットン」を採用。敏感肌の人や子どもも安心して使用できる日本アトピー協会推薦素材で、吸水性や乾きやすさにも優れているので、お風呂上りのリラックスタイムに、そして”ととのった”後にぴったりだ。

イメージビジュアルには、「小杉湯」と所縁があるアーティストである夏目知幸氏と野木青依氏をモデルとして起用し、「小杉湯」のコミュニティが感じられる仕上がりになっている。

ユニセックスで着用できるデザイン



「URBAN SENTO ルーズフィットベスト」13,000円(税抜)は、存在感のある太幅の襟ぐりのリブをアクセントに、羽織る感覚でざっくりと着れるよう、身幅や肩幅、アームホールをゆったり大きく設計。着丈は、何にでも合わせやすい絶妙なバランス感に仕上げている。


「URBAN SENTO ルーズフィットヘンリーネックシャツ」15,000円(税抜)は、身幅や肩幅からアームホール、袖巾までゆったり大きく設計した、肩から袖にかけての自然な落ち感が特徴。


ラフさが出すぎないよう、首回りを程よく詰めてデザインにメリハリを付けている。

どちらもサイズはユニセックスの<M>と<L>、カラーは<IVORY><NAVY><ORANGE BROWN>を用意している。

カテゴリ