四千頭身、若手世代での“お笑い番組”で躍動 久間田琳加にメロメロ「かわいすぎる!」

四千頭身、若手世代での“お笑い番組”で躍動 久間田琳加にメロメロ「かわいすぎる!」

 3時のヒロイン、ぺこぱ、四千頭身、久間田琳加の9人をレギュラーメンバーに迎えた、フジテレビのバラエティー番組『Do8(ドエイト)』が、12月12日・19日・25日の3週にわたって放送される(深1:45)。キャスト・制作ともに、「8(フジテレビ)らしいことをする!(Do)」という意味と、「いつかは土曜夜8時の枠を目指す」という夢を込めて、このタイトルが採用された。



【写真】BBクリームを塗って…メンズメイクに挑戦する四千頭身&5年前撮影の旧宣材写真



 番組はコントを中心に、トーク、ドキュメントVTR、体を張ったゲームなど盛りだくさんの内容。制作チームは、惜しまれつつ今年9月いっぱいで終了した深夜バラエティー番組『ウケメン』のスタッフ。業界でもファンが多かった“『ウケメン』イズム”を継承しつつ、将来的には土曜8時を目指して幅広い層が楽しめる内容に仕上がっている。



 土曜8時といえば、多くのフジテレビの制作スタッフが強い思い入れを持っていると言っても過言ではない。『オレたちひょうきん族』(1981年~89年)、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(90年~93年)、そして『めちゃ×2イケてるッ!』(96年~2018年)にいたるまで、まさに“バラエティー番組のフジ”のイメージ作りに貢献した枠である。



 各局で“よく見るバラエティー番組”と言われないよう、本気で伝統の「土8」の枠を目指す気持ちで、今をときめく人気者たちが、自分の出番の数時間前にも関わらず現場入りしほかのメンバーのコントや演技をスタジオで見つめる姿も。お互いが仲間であり、いい意味でライバルとして切磋琢磨して番組を作りあげていく。



 主な企画・コーナーは以下の通り。今回の放送を受け、四千頭身がコメントを寄せた。



■主な企画・コーナー

「はい」って言うゲーム…四千頭身・都築が“考えた”ゲームで、“はぁって言うゲーム”のニオイ版。挑戦者は、ある臭いニオイを嗅いで「はい」と言う。その「はい」を手がかりに他のメンバー達は挑戦者が何のニオイを嗅いでいるのかを推理し、当てる。



鼓膜のグルメ…料理を、目、鼻そして「耳」で味わうスペシャルなレストランにゲストをお迎えする。名店の一皿が作られる過程の音を聞き分けられた客だけが、それを味わうことができる。



カミングアウト学園…福田先生に指名された生徒は、今まで明かしたことのない自分の秘密をその場で発表しなければならない。



決めつけの刃…ぺこぱ・松陰寺扮する炭治郎がバーで出会った美女(久間田)に対していろいろな決めつけをしながら妄想する。



今日から俺はな!!…ヤンキー同士(ぺこぱ・シュウペイ、四千頭身・都筑)が“鼻息相撲”でガチ勝負する。負けた方は激辛ソースが自分の鼻にぶち込まれてしまう。



藤井モウソウ太…100手先を読む天才・藤井モウソウ太(四千頭身・都築)が超人気モデル(久間田)の一手に対し妄想が膨らみすぎてしまい…。



四輪頭身…底辺YouTuber「四輪頭身」(四千頭身)がアクセル全開で挑む動画企画。



■四千頭身コメント



――『Do8』の企画を聞いたときの印象は?



【後藤拓実】うれしさもあり、気まずさもあり…。“『ウケメン』がめっちゃ好きです”って言っていたのに、後輩も出ていたのに、番組が終わってしまい『Do8』が始まることになって。“狙って言っていたんじゃないか”って言われそうで。でもこの番組が続けば、『ウケメン』メンバーも出られるかもしれないし、本気でがんばりたいです。

【都築拓紀】『AI-TV』(※)という番組でレギュラーをやらせていただき、もちろんその後もネタ番組等には出演させていただいていましたが、“やっとフジテレビに戻ってこられた”“生き返ったわ”という感じです。(※『AI-TV』…2017年~18年 AIが導いたコンセプトを元に若手芸人が企画VTRを作成する番組。演出は、『Do8』の演出・石川隼ディレクターが担当した)

【石橋遼大】石川ディレクターとまた一緒にお仕事させていただきうれしかったです。ただ、石川さんはぶっとんでいるので、『AI-TV』の時みたいなレギュラー入れ替え企画、とか言い出さないでほしいです。

【都築】そうなんです。僕たちは石川さんにオーディションで選んでもらったので、モチベーションが上がっていますが、石川さんは変わらずぶっとんでいます(笑)。

【後藤】僕は一回泣かされていますからね。しかも、泣いているのに“コントだからね、笑いにしないと”って怒られましたからね(苦笑)。



――“土8”枠を目指していく思いについて



【後藤】僕らが見ていた“めちゃイケ”などが、今の若い人たちにとっては『Do8』だね、ってなれたら最高です。

【都築】全員一致ですわ!

【石橋】比べられるでしょうけど、僕らの“今の感じ”で作れたら、と思います。

【都築】今回放送して、評判が上がって、年明けもまた続きの収録ができるようにがんばります!



――収録の途中ですが、印象に残っているコントは?



【後藤】“藤井モウソウ太”ですね。都築くんの顔が面白いです。顔とか、えずきとかが一番面白いです。

【都築】リアクション大会が多いですからね。“四輪頭身”も現場ではいろいろ試行錯誤・議論がありました。

【石橋】ぼくは出ていないのですが、オーディション企画というのがあり、後藤くんも都築くんもリアクションが面白かったです。



――『Do8』メンバーについて



【後藤】かなでさんは、勢いタイプかと思ったら、いい一言言ったりするんですよ。

【都築】そう。3時のヒロインは、コントの世界を崩さずに生きる一言を残すのは、『ウケメン』の経験が生きているからではないでしょうか。

【石橋】シュウペイさんがコントの最後にオチの一言をアドリブで急に入れてきて、ハプニングっぽくなった場面もありました。

【都築】松陰寺さんも“回し”みたいな立場になって、なかなか見られない一面が出てきて楽しかったです。

【3人】とにかく、“りんくま”(久間田琳加)がかわいすぎる! スキがあれば、見つめています!
カテゴリ