玉木宏“龍”が作るいちご大福の“極道ことばレシピ”が公開

玉木宏“龍”が作るいちご大福の“極道ことばレシピ”が公開

 俳優の玉木宏が主演する読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:00)。第8話では主人公で元極道のスーパー専業主夫・龍(玉木)が住む火竜町に突如カチコミをかけてきたスイーツギャングVS龍との闘いが描かれる。このほど劇中で龍が作るいちご大福のレシピが先出し公開された。



【写真】川口春奈はキュートなカフェ店員姿を披露



 リサ(馬場ふみか)がオーナーを務める人気スイーツカフェ『ちぇりーぱふぇぱふぇ』と戦うべく、龍は、婦人会会長によるトップ組織“八竜会”のボス福田(石田ひかり)に力を借りる。福田は、“甘味王”の異名をとる和菓子作りの達人。龍は、福田に教わった和菓子を武器に和カフェ『素手喧嘩(ステゴロ)』を開店。スイーツにすべてをかけた男と女の熱き戦いが繰り広げられる。



 今回のドラマの鍵を握るのは、龍が福田から教わるいちご大福。ドラマ放送前に、おうちでも作れるいちご大福のレシピの簡略バージョンを“極道ことば”版で紹介する。



★福田に習った龍のいちご大福~お家で簡単バージョン~

材料 (6個分)

いちご 6個

つぶあん(お好みで、こしあん) 150g



求肥:

白玉粉 100g

砂糖 40g

水 150ml



片栗粉 適量



下準備:

いちごは軽く洗って、水気を拭き取り、ヘタを切り落とします。

バットや皿に片栗粉を多めに広げます。



<極道言葉レシピ>

1. つぶあんを6等分に落とし前つけて、そん中にいちごを1つずつカチコムんや。

2. 耐熱豚箱に、求肥の材料をよくカチコムんや。

3. (2)にラップをしたったら、600Wの電子レンジで2分チンや。

一旦シャバに出し、水で濡らしたスプーンやゴムベラで、とにかくいったんケジメをつけるんや。もう一回ラップをし、600Wの電子レンジで1分30秒レンチンや。生地につやや粘りが出るまでまぜるんや。イモ、引くんやないで。

4. 片栗粉を広げたバットに(3)を乗せ、上からも片栗粉をまぶすんや。ステゴロで生地を伸ばしたら、6等分にするんや。

5. (4)の粗熱がとれたら、生地を1つずつ丸く広げ、(1)のタマをのせて包むんや。最後のケジメに、全体にまんべんなく、片栗粉をまぶして完成や。



<通常レシピ>

1. つぶあんを6等分して、いちごを1つずつ包みます。

2. 耐熱ボウルに、求肥の材料を加えよく混ぜます。

3. (2)にラップをし、600Wの電子レンジで2分加熱します。一旦取り出し、水で濡らしたスプーンやゴムベラで全体をしっかり混ぜます。再度ラップをし、600Wの電子レンジで1分30秒加熱し、生地につやや粘りが出るまでもう一度よくかき混ぜます。

4. (3)を片栗粉を広げたバットに乗せ、上からも片栗粉をまぶします。手で生地を伸ばし、6等分にします。

5. (4)の粗熱がとれたら、生地を1つずつ丸く広げ、(1)をのせて包みます。包み終えたら、全体にまんべんなく、片栗粉をまぶします。



■ポイント

白玉粉は使う前に細かく潰しておくと、ダマになりにくく、混ぜやすくなります。

加熱後の生地はとても熱いので、伸ばす際は火傷に注意して下さい。

生地をかき混ぜる際は、よくかき混ぜることで、餅につややコシが出てきます。

生地が冷めると扱いにくいので、手早く作りましょう。
カテゴリ