宮沢氷魚、俳優人生で初受賞「一生忘れない」 『TAMA映画賞』で最優秀新進男優賞

宮沢氷魚、俳優人生で初受賞「一生忘れない」 『TAMA映画賞』で最優秀新進男優賞

 日本で最も早い映画賞として知られる『第12回TAMA映画賞』の授賞式が29日、都内で行われ、「最優秀新進男優賞」を俳優・宮沢氷魚、北村匠海、「最優秀新進女優賞」を女優・松本穂香、森七菜が受賞した。



【写真】松本穂香、森七菜らも登壇



 初主演映画『his』で受賞を果たした宮沢は「役者を始めて3年くらい経ちますが、賞をいただくのは今回が初めて。この賞は一生忘れないと思います」と感慨深げ。同性愛をテーマにした作風にも触れ「相手役の藤原季節くんに助けられて、楽しい作品になりました。最初はどんな意見が飛び交うのか不安もありましたが、実際にたくさんの方に意見をいただいて幸せに思います」と話した。



 スピーチで「栄えある賞をいただいて、非常に光栄です。ありがとうございます」と喜びを語った森は、受賞の決め手となった映画『ラストレター』について「初めての二役なので、難しさはありました」と回顧。メガホンを取った岩井俊二監督から“アドリブ力”を絶賛されたことが話題に及ぶと「一番最初にちょこっとだけやってみたら、意外と怒られなかったので、もっと楽しいことを提案できたらいいなと思って」と、茶目っ気たっぷりに笑った。



 映画『君が世界のはじまり』で主演した松本は、「最優秀新進監督賞」を受賞したふくだももこ監督と“W受賞”を達成。松本は「本当に、本当にうれしい。また違う作品でも一緒に立ちたい!」と喜びながら「今後もいろんな方に楽しんでもらえる作品を作っていけたら」と抱負を語った。



 スケジュールの都合で授賞式を欠席した北村は「『新しく進む』と書く名誉ある賞をいただき、ありがとうございます。この新進という文字が似合う俳優として、2021年も歩んでいきたい」と、VTRコメントを寄せた。



■『第12回TAMA映画賞』の受賞は以下の通り



最優秀作品賞:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(大林宣彦監督、及びスタッフ・キャスト一同)、『ラストレター』(岩井俊二監督、及びスタッフ・キャスト一同)



特別賞:城定秀夫監督、及びスタッフ・キャスト一同(『アルプススタンドのはしの方』)、岩井澤健治監督、及びスタッフ・キャスト一同(『音楽』)



最優秀男優賞:福山雅治(『ラストレター』『マチネの終わりに』)、濱田岳(『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ほか)



最優秀女優賞:水川あさみ(『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』『ミッドナイトスワン』)、長澤まさみ(『MOTHER マザー』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)



最優秀新進監督賞:HIKARI監督(『37セカンズ』)、ふくだももこ監督(『君が世界のはじまり』)



最優秀新進男優賞:宮沢氷魚(『his』)、北村匠海(『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』ほか)



最優秀新進女優賞:松本穂香(『君が世界のはじまり』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』『his』ほか)、森七菜(『ラストレター』『青くて痛くて脆い』『地獄少女』『最初の晩餐』)
カテゴリ