濱田岳“鬼嫁”水川あさみに戦々恐々「あれ、そんなに言う?」 『TAMA映画賞』でW受賞

濱田岳“鬼嫁”水川あさみに戦々恐々「あれ、そんなに言う?」 『TAMA映画賞』でW受賞

 日本で最も早い映画賞として知られる『第12回TAMA映画賞』の授賞式が29日、都内で行われ、「最優秀男優賞」に俳優・濱田岳、「最優秀女優賞」に女優・水川あさみが選ばれ、映画『喜劇 愛妻物語』で演じた夫婦としてW受賞を果たした。



【写真】福山雅治、松本穂香、宮沢氷魚、森七菜ら登壇



 受賞のスピーチで「主演女優賞をいただくのは今回が初めてなんです。飛び上がるほどうれしく、一生忘れることのない思い出になりました」と喜びを爆発させた水川。『愛妻物語』では“鬼嫁”を演じ、司会から「役柄に共感はありましたか?」と問われると「共感ですか…。そうだな…」と困り顔を浮かべつつ「共感というか、濱田岳くんの横には、役のモデルとなった監督がいたのですが、二人が並んだ顔を見てると自然と怒りが込み上げる、自然とイライラするとう状態でした」と笑いながら明かしていた。



 一方で“ダメ夫”役を務めた濱田は、水川演じる鬼嫁の迫力に圧倒されたという。「やっぱり撮影入るまで台本を読み込むのは、机上の空論だなと、水川さんに教えてもらいました」と振り返りながら「『あれ、そんなに言う?』『大丈夫かな? 撮影持つかな?』と思うこともありましたが、役柄と通づる図太さが僕にもあったのか、日に日に慣れていった感じでした」と自虐的に語り、会場を沸かせていた。



■『第12回TAMA映画賞』の受賞は以下の通り



最優秀作品賞:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(大林宣彦監督、及びスタッフ・キャスト一同)、『ラストレター』(岩井俊二監督、及びスタッフ・キャスト一同)



特別賞:城定秀夫監督、及びスタッフ・キャスト一同(『アルプススタンドのはしの方』)、岩井澤健治監督、及びスタッフ・キャスト一同(『音楽』)



最優秀男優賞:福山雅治(『ラストレター』『マチネの終わりに』)、濱田岳(『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ほか)



最優秀女優賞:水川あさみ(『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』『ミッドナイトスワン』)、長澤まさみ(『MOTHER マザー』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)



最優秀新進監督賞:HIKARI監督(『37セカンズ』)、ふくだももこ監督(『君が世界のはじまり』)



最優秀新進男優賞:宮沢氷魚(『his』)、北村匠海(『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』ほか)



最優秀新進女優賞:松本穂香(『君が世界のはじまり』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』『his』ほか)、森七菜(『ラストレター』『青くて痛くて脆い』『地獄少女』『最初の晩餐』)
カテゴリ