「BAKERS gonna BAKE」にクリスマス限定のスコーンやティードリンクが登場

「BAKERS gonna BAKE」にクリスマス限定のスコーンやティードリンクが登場


東京駅八重洲北口にある工房一体型のスコーン専門店「BAKERS gonna BAKE(ベイカーズ ゴナ ベイク)」に、12月1日(火)より、クリスマス限定商品が登場。さらに冬季限定のスコーンも同時発売される。

新作のベイカーズスコーン&ティードリンクも


クリスマス限定商品は3種類。いずれも12月25日(金)までの25日間限定販売となる。


「ストロベリーキャンドルスコーン」490円(税込)は、フランス産発酵バターを使用した一番人気の「バターミルクスコーン」に、ほどよい甘さのミルククリームとフレッシュいちごを贅沢にサンドしたスペシャルスコーンサンド。

苺をまるごと一粒デコレーションした見た目は、まるでテーブルに灯ったキャンドルのようで、クリスマス気分を盛り上げるご褒美スイーツや手土産にぴったり!


「クリスマスアップルサイダーティー」430円(税込)は、オーガニックティーにアップルジュースとシナモン、カルダモン、ジンジャー、オレンジを合わせた、アメリカの冬の定番ドリンクをアレンジしたホット飲料。テイクアウト販売のみで、写真はイメージとなる。


洋酒に漬け込んだドライアップル、オレンジ、レーズンを混ぜ込んでしっとりと焼き上げた「アップルシュトーレン」1,800円(税込)は、数量限定なので、気になる人はお早めに。

冬季限定スコーンも登場



冬季限定のベイカーズスコーンには、爽やかなりんごやチョコレートを楽しむ2種が登場。こちらは2021年2月14日(日)までの販売となる。


りんごを練りこんだ生地に、くるみ、クランブル、アップルコンポートをトッピングした「アップルクランブル」360円(税込)は、爽やかでフルーティーな風味が広がる一品。


「チョコレート&オーガニック カカオニブ」380円(税込)は、チョコレートづくしのスコーン。大粒チョコレートをたっぷり混ぜこんだココア生地に、ダークチョコレートとカカオニブをトッピングしている。

小さなクリスマスケーキのような「ストロベリーキャンドルスコーン」など、これからのシーズンにぴったりな味わいが揃う「BAKERS gonna BAKE」の限定商品で、冬のティータイムを楽しもう。

■「BAKERS gonna BAKE 東京ギフトパレット」
住所:東京都千代田区丸の内 1-9-1 東京駅八重洲北口「東京ギフトパレット」内
カテゴリ