『ミスユニバーシティ2020』日本大会グランプリにフェリス女学院大学の難波遥さん

『ミスユニバーシティ2020』日本大会グランプリにフェリス女学院大学の難波遥さん

 全国の大学生、専門学校生の中から日本一を決める全国版ミスキャンパス『ミスユニバーシティ2020』が11月30日に埼玉県熊谷市で開催され、神奈川県代表のフェリス女学院大学の難波遥さんがグランプリに輝いた。



【写真】ティアラをつけ、喜びの笑顔を見せるグランプリ・難波遥さん



 『ミスユニバーシティ』は『Best of Miss』の予選から各県大会を勝ち上がった学生のみで競うミスコンテスト。『Best of Miss』とは、「ミスユニバースジャパン」「ミスグランドジャパン」「ミスユニバーシティ」の複数の世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会。それぞれの日本大会へ県代表として出場する女性を各大会ことに1名、1県から複数の代表を選出することができる。『ミスユニバーシティ』は“今できること”をキャッチフレーズに将来社会でリーダーシップを発揮する、次世代のオピニオンリーダー「Next Leader」の発掘、女性の潜在的能力、魅力を引き出し、女性活動のフィールドを広げることを目的として開催されている。



 グランプリとなった難波さんは「きょうまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。神奈川代表になってからの10ヶ月間は、毎日のように自分と向き合う日々でした。オピニオンリーダーとしてSDGsをもっと多くの人に知ってもらうために、私にしかできない活動をしていきます。これからも応援よろしくお願いいたします!」と喜びを語った。



 2位は兵庫代表で神戸大学の大仁田美咲さんが選出された。大仁田さんは「準グランプリというすてきな賞をいただくことができて本当にうれしいです! 地方大会から日本大会まで練習をたくさんして、自分と向き合い直してきたことが報われてよかったです。これから任期の1年間、役目を果たしていきます!」とコメントした。



 3位には沖縄代表で北部看護学校の和宇慶朋華さん、4位には福岡代表で福岡教育大学の松尾紗和さん、5位には東京代表で玉川大学の佐藤玲那さんが、それぞれ選ばれている。
カテゴリ