【年間TV出演本数】博多大吉が初の1位 設楽統は7年連続2位、3位は立川志らく

【年間TV出演本数】博多大吉が初の1位 設楽統は7年連続2位、3位は立川志らく

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは2日、『2020テレビ番組出演本数ランキング』を発表。NHK朝の帯番組『あさイチ』MCを務める博多大吉(博多華丸・大吉)が548本の番組に出演し、昨年3位からランクを上げ、初めて1位に輝いた。2位は521本に出演した設楽統(バナナマン)で、7年連続の同順位となった。



【一覧表】テレビ番組出演本数ランキングTOP20 出演番組も



 大吉は2018年4月より、コンビでNHKの朝の帯番組『あさイチ』のキャスターに就任して“NHKの朝の顔”に。コンビでTBS系『教えてもらう前と後』、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』、単独でも日本テレビ系『有吉反省会』、フジテレビ『ライオンのグータッチ』など、幅広い時間帯・ジャンルの番組に出演し、初めてトップに輝いた。相方の博多華丸も424本で8位に入った。



 フジテレビ系『ノンストップ!』MCの設楽は、7年連続で2位。昨年まで6年連続で1位だった国分太一(TOKIO)が、MCを務めていたTBS系朝の帯番組『ビビット』が昨年9月に終了したため、2013年以来となる年間首位奪回も期待されたが、今年も“定位置”をキープ。来年こそ1位奪還なるか。



 3位は、国分の後任としてTBS系朝の帯番組『グッとラック!』の司会を務め、続けて放送される『ひるおび!』にコメンテーターとして連続出演している立川志らく(497本)。昨年14位から大幅ジャンプアップした。



 帯番組出演者が上位を占めるなか、オードリーの若林正恭が4位(496本)&春日俊彰が7位(433本)とコンビそろってベスト10入り。今年結成20周年のベテラン芸人となったが、単独でもコンビでも幅広い番組に出演し、年間1位を獲得した2010年を彷彿とさせるような“新・黄金期”を迎えている。



 女性タレント部門は、1位がハリセンボン・近藤春菜(437本)、2位は新井恵理那(385本)、3位はホラン千秋(332本)と常連メンバーに続き、4位にみちょぱ(331本)、5位にフワちゃん(330本)、7・8・10位に3時のヒロイン・福田麻貴、ゆめっち、かなでと、新世代タレントが台頭した。



■2020タレント番組出演本数ランキング



※( )内は出演本数

1位(548)博多大吉【博多華丸・大吉】

2位(521)設楽統【バナナマン】

3位(497)立川志らく

4位(496)若林正恭【オードリー】

5位(441)林修

6位(437)近藤春菜【ハリセンボン】

7位(433)春日俊彰【オードリー】

8位(424)博多華丸【博多華丸・大吉】

9位(408)粗品【霜降り明星】

10位(407)岡田圭右【ますだおかだ】



11位(404)加藤浩次【極楽とんぼ】

12位(403)上田晋也【くりぃむしちゅー】

13位(402)国分太一【TOKIO】

14位(401)坂上忍

15位(393)松丸亮吾

16位(389)せいや【霜降り明星】

17位(385)新井恵理那

18位(376)澤部佑【ハライチ】、山里亮太【南海キャンディーズ】

20位(368)小峠英二【バイキング】



■2020タレント番組出演本数・女性タレント部門ランキング

1位(437)近藤春菜【ハリセンボン】

2位(385)新井恵理那

3位(332)ホラン千秋

4位(331)池田美優(みちょぱ)

5位(330)フワちゃん

6位(329)夏目三久

7位(286)福田麻貴(3時のヒロイン)

8位(273)ゆめっち(3時のヒロイン)

9位(271)加藤綾子

10位(267)かなで(3時のヒロイン)



■歴代のテレビ番組出演本数1位(ニホンモニター調べ)

2010年=オードリー(507)

2011年=有吉弘行(499)

2012年=設楽統【バナナマン】(611)

2013年=設楽統【バナナマン】(615)

2014年=国分太一【TOKIO】(653)

2015年=国分太一【TOKIO】(653)

2016年=国分太一【TOKIO】(659)

2017年=国分太一【TOKIO】(671)

2018年=国分太一【TOKIO】(663)

2019年=国分太一【TOKIO】(604)



【調査概要】

調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)

調査期間:2020年1月1日~11月29日

調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)

・グループ出演と個人出演の合算にて集計

・放送局所属のアナウンサーは対象外とする

・通販番組出演者は対象外とする

・再放送番組は対象外とする

・ナレーション出演は対象外とする

(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pdf/20201202ban.pdf)
カテゴリ