ジェーン・スー、乃木坂46・山崎怜奈のラジオ力に感嘆 悩み相談での心得を伝授

ジェーン・スー、乃木坂46・山崎怜奈のラジオ力に感嘆 悩み相談での心得を伝授

 コラムニストで、TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』(月~木 前11:00)のパーソナリティーを務めるジェーン・スーが、2日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)にゲスト出演。番組パーソナリティーの乃木坂46・山崎怜奈とラジオでの悩み相談、人間関係などについてトークを繰り広げた。



【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈



 10月からは、TBSの堀井美香アナとポッドキャストオリジナル番組『ジェーン・スーと堀井美香のover the sun!』をスタートさせるなど、ジェーン・スーは音声メディアでも精力的な動きを見せているが、この日の放送で山崎は「私は、堀井さんの娘さんと仲が良くて、スーさんは堀井さんと仲が良くて…。堀井さん目線でいったら、娘の友だちと自分の友だちが話をしているということになりますよね」と意外な関係を告白。ジェーン・スーも「堀井さんが一番おいしいんですよね」と応じるなど、和やかなムードで展開した。



 ジェーン・スーの著書も愛読しているという山崎は「ストレートに言い切る時の勇気に救われています。骨から染み出た言葉になっているんですね」としみじみ。ジェーン・スーも「まだ、お若いのに…人生何回目ですか? ラジオのりがよくて、声を聞いたら、人生3回目のような感じで…」と賛辞を送った。



 相談コーナーが好評のジェーン・スーだが、ラジオで悩み相談に乗るきっかけについて「『ザ・トップ5』という番組をやっていたんですよ。その時に、発言小町とか、新聞の相談コーナーとかを読んで、勝手に私はこう思うって答えるコーナーがあって、それをやっていたら、本当にやってみるということで。時間帯がどんどん変わっているので、相談の内容も変わっているんです」と回顧。相談相手にかける言葉について「自分が嫌で嫌で仕方ない、土に埋めたいっていう時あるじゃないですか。ああいう時のテンションを覚えておこうと。自尊感情が減っている時に、誰かから言葉をかけられた時に、どういった言葉だったら沁み入るかなと考えて答えるようにしています」とのポイントを明かした。



 山崎の落ち着いた進行ぶりに、ジェーン・スーは「ひとりでしゃべり始めて3ヶ月? 信じられないですね」と改めて感嘆。山崎のラジオに伊集院光がゲスト出演した際のエピソードなども飛び出しながら、ジェーン・スーは「NegiccoのKaedeちゃん以来の危うい、私に興味を持っているアイドルは危うい」と指摘したところで、コーナーが締めくくりとなった。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ