石橋貴明&工藤静香「Little Kiss」、23年ぶり『FNS歌謡祭』で復活へ

石橋貴明&工藤静香「Little Kiss」、23年ぶり『FNS歌謡祭』で復活へ

 相葉雅紀(嵐)と永島優美(フジテレビアナウンサー)が司会を務め、9日に放送される『2020FNS歌謡祭』第2夜(後6:30~10:48)の追加出演者が発表された。石橋貴明&工藤静香の伝説ユニット「Little Kiss」が『FNS歌謡祭』で23年ぶりに一夜限定復活し、1997年2月にリリースされた唯一のシングル「A.S.A.P.」を披露することが明らかになった。



【写真】貴明×静香がイケイケ80年代のTV業界を語る



 「Little Kiss」はとんねるずの冠番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)の企画がきっかけで誕生。「今すぐ さぁ キスをしよう」と歌い、ミュージックビデオや音楽番組でキスしたことでも当時は大きな話題を呼んだ。今回は23年ぶりの『FNS歌謡祭』のステージで「A.S.A.P.」を歌う。



 昨年の『2019FNS歌謡祭』第2夜の生放送中、オリジナル楽曲制作に挑戦した、堂本剛がボーカル&ギターを務めるバンド「堂本剛FUNK同好会」の出演も決定した。同企画では、ドラム・小籔一豊(ジェニーハイ)、ベース・くっきー!(ジェニーハイ)、キーボード・Gakushi、コーラス・ゆりやんレトリィバァが参加し、楽曲「しすてむ」を完成させ、圧巻のパフォーマンスを披露。視聴者から「最高のファンク」と称賛された楽曲「しすてむ」を引っさげ、今年も堂本剛FUNK同好会が『FNS歌謡祭』に登場する。



 夏の『FNS歌謡祭』で森山直太朗とのコラボレーションが話題となった平手友梨奈と、韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEENとの出演も決定。SEVENTEENは韓国で大ヒット中の楽曲「HOME;RUN」を日本のテレビで初披露する。



 ダンサーで俳優の大貫勇輔の出演も決まった。ドラマ『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)への出演で話題の大貫が、一青窈と「他人の関係」をコラボレーションで披露する。



■『2020FNS歌謡祭』第2夜出演アーティスト(★=新規発表)

▽司会

相葉雅紀、永島優美(フジテレビアナウンサー)



▽出演アーティスト

aiko

阿佐ヶ谷姉妹



E-girls

生田絵梨花

石橋貴明 ★

瑛人

AKB48

A.B.C-Z

大貫勇輔 ★

小沢健二

GACKT

関ジャニ∞

Kis-My-Ft2

工藤静香 ★

KENZO(DA PUMP)

櫻坂46

佐藤二朗

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

THE ALFEE

GENERATIONS from EXILE TRIBE

JUJU

城田優

Snow Man

Sexy Zone

SEVENTEEN ★

田代万里生

谷村新司

東京事変

東京スカパラダイスオーケストラ

刀剣男士 team新撰組 with蜂須賀虎徹

堂本剛FUNK同好会 ★

ナオト・インティライミ

中川翔子

Novelbright

秦基博

花總まり

ハラミちゃん

一青窈

日向坂46

平手友梨奈 ★

福山雅治

三浦大知

宮本浩次

森山直太朗

山崎育三郎

Little Glee Monster

『レ・ミゼラブル』2021カンパニー

(※50音順)
カテゴリ