『鬼滅の刃』全国5紙夕刊に全面広告 産屋敷の名言掲載「人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ」

『鬼滅の刃』全国5紙夕刊に全面広告 産屋敷の名言掲載「人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ」

 大人気漫画『鬼滅の刃』のコミックス最終23巻が4日に発売されることを記念して、きょう3日の全国紙全5紙夕刊に『完結巻記念全面広告』が掲載された。この全面広告では、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の名言を用いて、作品に込めた想いを表現している。



【写真】産屋敷の名言に思わず涙…掲載された『鬼滅の刃』全面広告



 掲載媒体は読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞(大阪のみ)、日本経済新聞の全5紙で、すべて1 面15段。同一原稿となる。新聞販売店、駅売店、コンビニエンスストアなどで購入することができる。



 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億2000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。



 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる公開中の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)の最新の興行収入は、初日から45日間で動員数2053万2177人、興行収入275億1243万8050円を記録。歴代興行収入ランキング(邦画と洋画含む)では、『タイタニック』(262億円)を超え、2位にランクインするなど注目を集めている。
カテゴリ