青春サッカー漫画『さよなら私のクラマー』完結 編集長「無理やり話を伸ばすよりは」

青春サッカー漫画『さよなら私のクラマー』完結 編集長「無理やり話を伸ばすよりは」

 青春サッカー漫画『さよなら私のクラマー』が、4日発売の『月刊少年マガジン』(講談社)1月号にて最終回を迎え、約4年半の連載に幕を下ろした。



【動画】サッカーを楽しむ少女たち…アニメ化記念の『さよなら私のクラマー』PV



 2016年5月より同誌で連載がスタートした同作は、『四月は君の嘘』などで知られる新川直司氏が描く青春サッカー漫画で、主人公・恩田希が、男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編と、女子サッカーの頂点を目指す高校生編で送るリアルで熱い青春ストーリー。



 アニメプロジェクトが先日発表されており、中学生編となる『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』が2021年4月に公開、高校生編となるテレビアニメ『さよなら私のクラマー』が同年4月より放送される。



 今回の連載終了について同誌の編集長は「僕個人としてはもっと先を読みたいですし、新川直司先生にはできることなら終了せずに続けていただきたいです。ですが、無理やり話を伸ばすよりは、当初の予定通り終わらせる方が読者の皆さまに良いものを届けられると考えました」と説明。



 「物語の先を想像できるような余韻を残すところが新川作品のいいところです。僕には僕の妄想する“物語の続き”がありますが…それは内緒です(笑)。読者の皆さまにも、ワラビーズの未来を妄想していただけると幸いです。新川先生、連載おつかれさまでした! 次回作も楽しみにしています!」と伝えた。

カテゴリ