「OMATCHA SALON 玉川髙島屋S・C」に抹茶を使用した“台湾カステラ”が登場

「OMATCHA SALON 玉川髙島屋S・C」に抹茶を使用した“台湾カステラ”が登場


宇治抹茶専門店「OMATCHA SALON 玉川髙島屋S・C」のテイクアウトブースに、大阪梅田で大人気の「台湾カステラ 米米Fàn Fàn(ファンファン)」と、150年以上続く京都の老舗問屋「北川半兵衛商店」がコラボした「台湾カステラ」が初登場!12月4日(金)より発売中だ。

宇治抹茶を生地に練りこんだ限定商品



「北川半兵衛商店」の宇治抹茶を生地に練りこみ、小豆を敷き詰めた「台湾カステラ《抹茶黒豆》」900円(税別)と、


「台湾カステラ《抹茶黒豆 生クリーム サンド》」1,130円(税別)は、「OMATCHA SALON」限定商品。

緑茶の一種を粉末にした抹茶は、茶葉をそのまま食べるためカテキンなどの有効成分をしっかり摂取。海外でもエイジングケア食材として、セレブやヘルシー志向の人たちに大人気な、日本が誇るスーパーフードだ。

小麦粉生地・米粉生地の「台湾カステラ」も



そのほか、たまごのコクをダイレクトに感じられる優しい味わいの「台湾カステラプレーン(蜂蜜入り)」小麦粉生地650円(税別)・米粉生地750円(税別)と、


「台湾カステラ 生クリームサンド」小麦粉生地880円(税別)・米粉生地980円(税別)もラインアップ。


京丹波「みずほファーム」の濃厚な“葉酸たまご”をたっぷり使用しじっくり焼き上げた、目を引く大判サイズのカステラは、シフォンケーキのようにプルプル・ふわふわ・シュワシュワな食感を楽しむことができる。

食べ方いろいろ!



「台湾カステラ」は、そのまま焼きたてで食べるも良し、レンジで軽く温めフワフワにするも良し、トースターで外はサクサク・中はフワフワにするも良し、冷蔵庫で冷やしてしっとりと楽しむも良し。好みの食べ方で堪能しよう。


なお、「OMATCHA SALON 玉川髙島屋S・C」では、「北川半兵衛商店」の京都府産宇治抹茶やほうじ茶をオリジナルブレンドしたスイーツやドリンクも販売。そちらもあわせてチェックしてみて。

■「OMATCHA SALON 玉川髙島屋S・C」
住所:東京都世田谷区玉川3−17−1 玉川高島屋S・C 南館 8F
カテゴリ