京本政樹、声優で四日市の魅力発信 「四日市の翔」ボイスコミック化

京本政樹、声優で四日市の魅力発信 「四日市の翔」ボイスコミック化

 三重県四日市市のシティプロモーション映像『必見 四日市』の中で、架空のキャラクター「四日市の翔」として登場し、時代劇ファンの間で話題となっていた俳優・京本政樹(61)が、ボイスコミック化されることが決定。8日、東京・内幸町の東海ラジオ東京支社で声優としてアフレコを行った。



【写真】笑顔でピースをする京本政樹&中村静香



 今年5月に同市で開催が予定されていた「2020東海・北陸B−1グランプリin四日市」がコロナ禍で延期されたことに「別の形でご当地グルメを紹介出来ないか」と検討する中で、「四日市の翔」と「B−1グランプリ」の異色コラボが実現することになったもの。アフレコには「四日市の翔」扮する京本と、町娘を演じるタレントで女優の中村静香(32)が参加した。



 今回の「四日市の翔」と「2020東海・北陸B−1グランプリ」とのコラボは、同市とB−1に出店予定だった全国市町16団体が連携、それぞれのご当地グルメやレシピを四日市の翔、町娘、そして、同市のマスコットキャラクターとして人気の「こにゅうどうくん」が旅をしながら紹介していく。



 「四日市の翔」は、必殺シリーズ内で「組紐屋の竜」として人気だった京本が「娯楽時代劇の魅力を四日市から放っていきたい」という熱意から実現した架空の人物。これまでに京本が主演、音楽、監督した「必見 四日市」のシティプロモーション映像が2本制作され、国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア』内での『第8回観光映像大賞』では中間賞も受賞している。



 今回はコロナ禍で映像制作が困難になっていることから、新たなシティプロモーション映像としてボイスコミックを制作することになった。京本は声優での出演の他、音楽も担当する。



 同市観光交流課では「京本さんの演じる『四日市の翔』をシティプロモーションのメインキャストに据え、B−1グランプリに出店を予定していた16ヶ所のご当地グルメを四日市から発信していきたい」と意欲を見せている。声優は映画版『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』(07年公開)以来だという京本は「最近では組紐屋の竜よりも四日市の翔としてのイメージの方が強くなった。今回は漫画として登場しますが新しいシティプロモーションにしていきたい」と言い、町娘役で出演した中村は「漫画のアフレコは初めてでしたが、16ヶ所のご当地グルメは情報量としても多く、声を演じているうちにお腹が空いてしまいました」。



 作画とストーリーは、同市観光交流課が専門学校「ヒューマンアカデミー マンガ・イラストカレッジ」の協力を得て創作される。来年1月下旬にYouTubeで公開する予定。
カテゴリ