ファッション誌『Seventeen』創刊52年目で初のテーマソング&ダンス制作

ファッション誌『Seventeen』創刊52年目で初のテーマソング&ダンス制作

 集英社が発行するティーン向けファッション誌『Seventeen』が、1968年の創刊以来、初めて雑誌のテーマソング&ダンスを作ることが決定した。作詞と歌唱は、TikTokの動画総再生数が約5億回を超えるなど、今、最も女子中高生を中心に人気を集めるアーティストの三阪咲(17)が担当する。



【写真】「未経験だけど…」ダンス部員として意気込んだ田鍋梨々花



 Seventeenダンス部顧問としてダンスを振付するのは、日本ダンス界のトップを走り続け、世界的にも活躍しているs**t kingz。数々の有名アーティストの振り付けを手掛けてきた彼らがどんなダンスを考案するのか。



 また、この楽曲の作詞のアイデアになるエピソードをきょう8日から募集開始。テーマソングのお題はズバリ”友情”。読者から、三阪の作詞の参考になるリアルなエピソードを呼びかける。さらに、テーマソングに合わせて振り付けられたダンスを練習するダンス部を、Seventeen専属モデルで結成。参加するメンバーは、田鍋梨々花、雑賀サクラ、大友樹乃、田中杏奈、瀬戸琴楓の5人。



 楽曲の完成&お披露目は2021年4月を予定。制作過程はSeventeen誌面のほか、公式アプリ「ST channel」、Seventeen公式YouTubeチャンネル、ツイッター等でも紹介していく。



 同誌の小林亘編集長は「新型コロナウイルスの影響でさまざまな活動が制限されている女子中高生の毎日を少しでも応援したい、明るくしたい。そして読者のみなさんとモデルたちが一緒に、歌って踊って楽しんでもらえるような『Seventeen』のイベントを実現させたい、そんな思いからこの企画が生まれました」と今回の経緯を説明。



 「歌詞のアイデアも大募集します! 三阪咲さんも現役高校生ならではの感性で、同世代に共感間違いなしの歌詞を作り、歌ってくれるはずです。たくさんの方にご参加いただき、ともに作り上げていきたいと思います」と読者からの参加を呼びかけた。



●Seventeenダンス部員コメント

・田鍋梨々花

ダンスは未経験なので未知の世界だけど、最後まで楽しみたいです!

ダンス部みんなでお揃いのパーカーとか着たら楽しそうだな~。



・雑賀サクラ

企画を聞いてびっくり…! どんな感じになるかまだ分からないけれど、他のメンバーと力を合わせて、素晴らしいダンスをお見せできるように頑張ります(ハート)



・大友樹乃

6年間よさこいチームで踊っていたこともあり、踊ることが大好き(ハート) 読者のみんながマネしてくれるようなかわいいダンスをして、TikTokに投稿したいな~。



・田中杏奈

とにかくメンバーとのレッスンが楽しみ!

さらに仲を深めたいです(ハート)

素敵な歌詞と振り付けを、メンバーとさらに良いものにできるように頑張りたいです!



・瀬戸琴楓

6年間習っていたので、ダンスは得意です(ハート)

ダンス部に入部できて本当にうれしい!

みんなと一緒に汗を流して、”青春!”な感じをお届けしたいです。
カテゴリ