岩下志麻、総理大臣の秘書役 『七人の秘書』最終回に特別出演 

岩下志麻、総理大臣の秘書役 『七人の秘書』最終回に特別出演 

 テレビ朝日系木曜ドラマ『七人の秘書』は10日(後9:00~10:09※拡大スペシャル)が最終回。木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”となり、人知れず悪をぶっ潰してきた本作も最凶の黒幕との最終決戦を迎える。そんな最終回に、本作で「この世は万事、表があれば裏がある――」というナレーションを務めていた岩下志麻が特別出演することが明らかになった。



【写真】ラーメン屋のシーンも見納め



 岩下といえば、映画『極道の妻たち』で伝説的な初代姐さんを演じ、昭和史に残る『極妻』ブームを巻き起こした、日本を代表する名女優。しかし、「私、実はこれだけ長く女優の仕事をしているのに、ドラマのナレーションをするのが初めてだったんです。どういう風にすればいいかわからなくて、最初はとても不安だったんですが、放送を観た知人や友人が、メールなどで『すごくいいナレーションだね』と言ってくれたのでホッとして、私も毎回楽しくドラマを拝見していました。今回、まさか実際に登場させていただけるとは思ってもいなかったので、お話をいただいた時はビックリしましたし、とてもうれしかったです」と、岩下。



 今回、演じるのはなんと、国のトップ・総理大臣の秘書。「――本当にこの世を動かしているのは……実は影の黒子たちだ」というナレーションの通り、名もなき黒子として裏でこの世を動かしていたのは、実は総理大臣の秘書だった!? 影のキーマン、そして最強の黒子・総理大臣秘書として、岩下がついに姿を現す。



 「現実の世界でも、ニュースなどで『秘書がやりました』というコメントをよく耳にしますよね? 撮影現場では、そういうことが頭に浮かんできて、秘書ってやっぱり大変な仕事なんだな、大変な立場なんだろうな…と、感じながら演じていました。今回、“ナレーションの正体が私だった”という、とてもオシャレな出演の仕方をさせていただくことができて本当に感謝しています。ぜひ、最後までご覧ください」(岩下)



 実は『七人の秘書』の登場人物の名前にはある“謎”が隠されており、この総理大臣秘書の登場によって、ある一つの答えがもたらされることに!?  主な登場人物名にはすべて漢数字が入っている。千代(1000)、不二子、三和、四朗、五月、七菜、萬(10000)、そして、千代の兄は一男。さて、この中にまだ登場していないある数字と、この総理大臣秘書の関係にも注目だ。



 窮地に追い込まれながらも、ついに最大の敵・財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)との最終決戦を迎え、本丸に乗り込んで行く七人の秘書たち…。なかなか隙を見せない敵をどう追い込んでいくのか…。名もなき黒子たちの最後の戦いが幕を開ける。
カテゴリ