玉木宏&志尊淳が“極道サンタ”に変身 龍の「死ぬまでにやりたいこと」発表

玉木宏&志尊淳が“極道サンタ”に変身 龍の「死ぬまでにやりたいこと」発表

 俳優の玉木宏が主演する13日放送の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)最終話(第10話)の場面カットが公開。玉木演じる元極道のスーパー専業主夫・龍とその元舎弟・雅(志尊淳)がサンタ姿を披露している。



【写真】サンタ姿で決めポーズする玉木宏、志尊淳



 龍と家族、彼らが暮らす町の人々のドタバタ奮闘劇を描いた任侠コメディーもいよいよ完結。最終回では、クライマックスにふさわしい展開が待ち構えている。体調を崩して、病院で精密検査を受ける龍。たまたま病院に来ていた田中(MEGUMI)が、龍の検査結果について、医師が“もって3ヶ月”と話しているのを聞いてしまう。



 田中から、龍が余命3ヶ月であることを聞き、美久(川口春奈)は動揺してしまう。そんな美久は、最後に「龍の死ぬまでにやりたいこと」を叶えるべく、雅、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)、町の人たちの協力を仰ぎ、一致団結して、龍の夢を叶えていく…。



 そんな「龍の死ぬまでにやりたいこと」のひとつが“サンタクロース”(?)。一体、龍はどんなサンタクロースになり、やりたいことを無事に叶えることができるのか。明日も、最終話カウントダウンとして「龍の死ぬまでにやりたいこと」が発表される。
カテゴリ