男性に聞いた「女子とのLINEでドキドキする瞬間」とは?

男性に聞いた「女子とのLINEでドキドキする瞬間」とは?

「既読機能めんどくさい」「長文や日記はだるい」。


LINEに対してドライな反応の男性も多いですが、女子からのLINEにドキドキ、ニヤニヤした経験は、だれしも持っているようなのです。


男性も本当はロマンチストなところがあります。


彼らが「女子とのLINEでドキドキした」のは、どんなときなのでしょうか?



たまの「即既読・即レス」


「自分がLINEした瞬間に既読がつくとドキッとします。今までのやり取りを見返してくれたのかな?と思う。同じタイミングでLINE見てたと思うと、脈ありっぽい気もしてしまう。


そこまでタイミングよくなくても、テンポよく返事くれるコはデートのアポもスムーズだし、イライラすることがないから僕は好きです。とくにデートの誘いに即レスでOKしてくれると嬉しくなる」(24歳・男性)


常に即既読・即レスするのはお互いに圧がすごいですし、好きな人からのLINEには「すぐ返すとヒマだと思われそう」と、返信を遅らせてしまう女子もいると思います。


でも、相手も忙しい男性なら、LINEできる時間がそもそも限られていることもあります。そんな人には、素早いレスポンスはむしろ喜ばれているみたい。


LINEを楽しみにしていた感が伝わるのもいいところ。たまになら即レス・即既読はスパイスとして使えるようです。


「今、LINEしようと思ってた♡」


「何度かデートしたけどタイミングが合わなくなっちゃって、連絡が途切れちゃった子がいるんですけど……。久々にLINEしたらずっと既読がつかず、ブロックされてるのかな?と思います。


でも、こっちが送ったら「!」のスタンプを即レスで返してくれたコもいました。『どうしたの?』『ちょうど今、LINE送っちゃおうかなって思ってたからビックリしたの!』って続いたんです。気まずさが一気に吹き飛びましたね」(31歳・男性)


女子的には「絶対ウソ(笑)」と思うようなあざとい手口かもしれません……。


ですが、「急にどうしたんですか?」的な心の距離を吹き飛ばしてくれるこんなやり取りは、男性にとってはありがたいそう。


もし「今さらなによ」と思ったとしても、それはデートに誘われてから様子を見ればいいコト。


気になる彼からの久しぶりの連絡なら、一瞬で気まずさをなくすやり方を覚えておくのもいいかもしれません。


ため口解禁


「気になる年上女子にLINEしたら、『風邪をひいて寝ている』と言われました。早く元気になってください!って敬語で送ったら「敬語やめてくれたらもっと元気が出る」と言われてドキドキ……。


甘え方かわいくないですか?敬語をやめるタイミングを狙ってたので、うれしかったなあ」(25歳・男性)


やたらLINEが続くよりも、かわいいスタンプが来るよりも、人によっては「距離が縮んだ」と感じるのがこの「口調の変化」なんだとか。


行間から伝わる好意というのがあるみたいです。


このケースのように、彼が気遣ってくれているタイミングで、甘えとしてお願いするのも「かわいい!」と思われるポイントのようですよ。


来たときの返し方がコツ


LINE不精の男性をドキッとさせるには、「男性がその気になってるときを狙う」のがポイント。


女子がいくら頭でいろいろ考えて送っても、彼のタイミングによってはスルーされてしまうこともあるからです。


彼がこっちを向いている瞬間、つまり彼からのLINEにかわいく返すのが、ドキドキさせるためのコツですよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ