アンジュルム新メンバー、日本武道館でフレッシュに初ステージ

アンジュルム新メンバー、日本武道館でフレッシュに初ステージ

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムが9日、東京・日本武道館で船木結の卒業コンサート『アンジュルム コンサート2020 ~起承転結~ 船木結卒業スペシャル』を行い、11月2日にYouTubeの動画で発表した新メンバー3人がフレッシュにステージデビューを飾った。



【写真】武道館センターステージでフレッシュに歌唱するアンジュルム新メンバー



 前半4曲を終えたところでセンターステージに迎え入れられたのは、1月から実施していた約5年ぶりの新メンバーオーディション『アンジュルムONLY ONE オーディション~私を創るのは私~』の応募者約4000人の中から合格した松本わかな(13)と川名凜(16)、ハロプロ研修生から昇格した為永幸音(ためなが・しおん、16)の3人。



 リーダーの竹内朱莉から「新しい仲間が加わることになりました」と紹介され、松本は「神奈川県出身、中学1年生、13歳の松本わかなです。初めてのステージで緊張していますが、船木さんのラストなので精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします」とあいさつ。



 為永は「長野県出身、高校2年生、16歳の為永幸音です。皆さんの心をつかむパフォーマンスができるように頑張ります。これからよろしくお願いします」、川名は「千葉県出身、高校2年生、17歳の川名凜です。大きなステージでとても緊張していますが、船木さんの姿を目に焼き付けて頑張ります」とそれぞれ自己紹介した。



 続けて、先輩メンバーの川村文乃、伊勢鈴蘭をバックダンサーにつけ、初々しく「学級委員長」を熱唱。ファンは色とりどりのペンライトを振って応援し、割れんばかりの拍手で3人の初ステージを祝福した。



 3人はこのほか、船木とのメドレーに登場し、今月5日にYouTubeの公式チャンネルに投稿してファンに大きな期待を抱かせた「寒いね。」を船木とともに4人で歌唱。さらに、アンコールの「46億年LOVE」で合流し、最初で最後の11人体制のステージを披露してファンの胸を熱くさせた。

カテゴリ