板垣李光人『脱力』で我慢できず大爆笑「もう無理でしたね」 銀シャリ橋本は“仮想現実”を体験

板垣李光人『脱力』で我慢できず大爆笑「もう無理でしたね」 銀シャリ橋本は“仮想現実”を体験

 俳優の板垣李光人とお笑いコンビ・銀シャリの橋本直が、11日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。オープニングでは、メーンキャスターのアリタ哲平が「この番組の視聴者の間では、残念ながら板垣さんの知名度はゼロ」と、報道番組のしきたりとして、板垣のプロフィールをフリップで紹介。しかし、フリップには明らかな間違いがあり、橋本がすかさずツッコミを入れる。すると、「その調子で、今日はおかしなことがあったらどんどん指摘してほしい」というアリタ。その殊勝な態度に、橋本は戸惑ってしまう…。



【番組カット】銀シャリ橋下と笑顔を見せる板垣李光人



 今回は「ついに到来!VR最前線!」というテーマを特集する。仮想の空間を、まるで実際にその場にいるような感覚で体験できる、VR(バーチャルリアリティー)の技術。コロナ禍による生活様式の変化や通信技術・5Gの登場で、VR業界は近年ますます成長を遂げ、5年後には市場が1兆円を超えると言われている。そこで今回は、今注目のVRコンテンツを、出演者がスタジオで体験するなどして、驚きのVR最新技術を紹介していく。



 まずは、NASAの天体データから再現したというプラネタリウム体験VR機器に、板垣が挑戦。はじめは目の前に広がる天体を堪能していた板垣だったが、あまりの迫力に“VR酔い”してしまい、橋本に交代する。すると橋本は、リアルな星空に感激しきり。しかし、ゴーグルを外すやいなや、アリタから“気の利いた感想”を求められ、見る見る窮地に追い込まれていく。



 続いて、ジェットコースターのスリルと爽快感が味わえる絶叫系VR、大自然を体験できる環境VRと、最新のVRを体験するたびに、なぜか不思議な違和感にさいなまれていく橋本。そしてついに、「クオリティーがエグい!」と橋本を震え上がらせる、新たな“仮想現実”の世界が幕を開ける。



 「THE美食遺産」は、東京・四ッ谷の人気店の“メキシカン溶岩チーズ鍋”を、滝沢カレンがナビゲート。エンディングでは、追い詰められたはずの橋本が、「逆にすごいわ…」とアリタや番組スタッフに思わず拍手を送る。



■板垣李光人コメント



ーーまずは番組初出演の感想をお聞かせください

「バラエティー番組で、ここまできっちり台本を覚えることって、なかなかないことなので、やっぱりドキドキでしたね。ドラマだと、シーンごとに撮るから途中でモニターチェックとかもできますけど、この番組は一気に通して収録するので、なおさら緊張してしまいました。でも、いざ収録が始まったら、有田さんたちが作ってくださる流れに身を委ねて、楽しむことができました」



ーー板垣さんは『全力!脱力タイムズ』の大ファンだそうですが、出演してみて初めて気付いたことや発見はありましたか?

「僕は、この番組の一番の魅力は、独特な“空気感”だと思っていて。今回、出演者の一人としてスタジオに入ったときに、それをさらに強く感じることができて、やっぱり他の番組にはない空気感だなって、改めて思いました。テレビで見ている比じゃないくらい面白かったです」



ーー笑いをこらえるのも苦労されていたようですね

「いや~、大変でした! テレビで見ていたら耐えられたのかもしれませんけど、ボケとかツッコミとかが目の前で繰り広げられると…もう無理でしたね(笑)。特に、橋本さんのあたふたした感じとか、慌ててツッコむところとか、すっごく面白くて。最後の方はガマンするのをあきらめて、普通に笑っちゃってました(笑)」



ーー初共演の橋本さんの印象は?

「いつもテレビで拝見しているときの印象と全く変わりませんでした。でも、ツッコミはテレビで見るよりも迫力がありました(笑)」



ーーでは、板垣さん的な今回の見どころを教えてください

「オープニングで、僕のプロフィールを紹介するくだりがあるんですけど、僕自身、台本を読んだときに笑っちゃったんですよね。それくらい面白いシーンになってると思うので、ぜひ注目してほしいです。あとはやっぱり、いろんな“仮想現実”に翻弄(ほんろう)される橋本さんの姿は、絶対に見てほしいと思います!」
カテゴリ