映画『銀魂 THE FINAL』主題歌New EP、アニメ絵柄のアートワーク公開

映画『銀魂 THE FINAL』主題歌New EP、アニメ絵柄のアートワーク公開

 2021年1月6日に発売される映画『銀魂 THE FINAL』(来年1月8日公開)の主題歌EP「轍~Wadachi~」<期間生産限定盤A>のアートワークが公開された。『銀魂』主人公・銀さん(坂田銀時)のカバービジュアルに加え、中面は万事屋(銀さん・志村新八・神楽・定春)の描き下ろし絵柄が特大サイズ(LPサイズ:31センチ×31センチ)の紙ジャケット仕様となっている。



【画像】銀さんたち万事屋、最後の笑顔? 中面の描き下ろし絵柄



 ブックレットは、SPYAIR歴代の『銀魂』ソングのCDジャケットを飾った描き下ろし絵柄が散りばめられた「銀魂」づくしのアートワークに仕上がっている。また、今作『轍~Wadachi~』は、期間生産限定盤2形態でリリース。



 <期間生産限定盤A>はSPYAIR歴代の『銀魂』ソング全6曲に加え各インストゥルメンタルを、特典DVDにはTVアニメシリーズ『銀魂』のノンクレジット映像4曲を収録。<期間生産限定盤B>はSPYAIR歴代の『銀魂』ソング全6曲に加え2015年~2019年に開催されたSPYAIR夏の恒例野外単独ライブ『JUST LIKE THIS』より、選りすぐりの『銀魂』ソング5曲を収録している。



 2011年にテレビアニメシリーズのエンディングテーマ「サムライハート(Some Like It Hot!!)」を手掛けてからこの10年間、『銀魂』と数々のタッグを組んできたSPYAIR。劇場版を手掛けるのは2013年『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』主題歌の「現状ディストラクション」以来。「これが、本当に最後!」と発表されたアニメ『銀魂』のラストラン映画「銀魂 THE FINAL」…SPYAIR×銀魂のファイナルタッグとなるNew EP「轍~Wadachi~」に期待が高まる。



 2003年12月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした『銀魂』は、架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八・神楽ら仲間たちとともにさまざまな事件を解決する活劇物語。何回も完結することを告知しながらも終了できず「終わる終わる詐欺」と言われていたが、掲載場所を移して19年6月に完結した。



 テレビアニメ第1期が06年4月から10年3月まで、第2期が11年4月~12年3月まで、第3期が15年4月から16年3月まで、第4期が18年1月から10月まで放送。劇場アニメや実写映画化もされた人気作品となっており、シリーズ累計5550万部を突破している。
カテゴリ